IoTを導入するときに知っておくべき必須ポイント

PR

IoTを分解すると、大きく以下の4つが考えられる。

  1. デバイスのセンシング
    様々な物理現象をデータへと変換する。例えば加速度センサーや温度センサーなどが考えられるが、カメラやマイクなども物理現象をデータに変換するという意味では、センシングデバイスと言える。
  2. センシングしたデータの収集
    センサー・デバイスからデータを収集する。ケーブルの敷設や電源の確保が難しい環境に設置されたセンサー・デバイスから、データを収集するケースもあり、BLEやLPWAなどの無線通信が利用されることもある。
  3. クラウドへのアップロードを想定したネットワーク
    収集したデータを、クラウドやサーバーに送信する。センサーから入手したデータは通信規格が様々であり、これをIPネットワークに送信出来るよう加工する。
  4. クラウドでのデータの解析、分析
    センサーから入手した大量のデータをクラウド上で解析、分析し、生産性の向上など様々な用途に役立てる。

ここで、特に重要なのが、3.クラウドへのアップデートを予定したネットワークの構築と言える。

ITのネットワークを例にするならば、LANからWANに繋ぐところであり、ルーターなどがその役割を担っている。
それでは、IoTにおいても、ルーターと同じような機能で良いかと言えばそうではない。

ここで登場するのがIoTゲートウェイだ。
IoTゲートウェイをルーターのようなもの、として選定せず、最適な機器を選定することがIoT導入において重要となる。

具体的な事例を見てみよう。

工場内の電力消費量最適化

IoTNEWSで過去に取材した、工場内の機械や設備の消費電力を見える化する、という取り組みになる。

参考: トーア紡、OTとITの技術をうまく融合し、電力消費量を最適化

当該事例を、上記のポイントで分解するとどうなるだろうか。

  1. 機械の消費電力を電力メーターでデータ化する。
  2. データをPLCに集約する。
  3. PLCに集約したデータをIoTゲートウェイがクラウドに送信する。
  4. クラウド上のアプリケーションにより、消費電力を見える化している。

当該事例では、工場が2ヶ所にあり、一方の工場ではPLCが導入されておらず、データの集約が出来ていない状態であった。
このため、同じ仕組みを導入するにはPLCが必要となるが、設置に大規模な工事が必要となり、コストと時間がかかってしまう。

このような課題に対して、一方の工場では、以下の手順でIoT化を実現している。

  1. 機械の消費電力を電力量モニタでデータ化する。
  2. データをIoTゲートウェイに集約する。(電子量モニタと通信するためのミドルウェアを、IoTゲートウェイにインストールしている)
  3. IoTゲートウェイがクラウドに送信する。
  4. クラウド上のアプリケーションにより、消費電力を見える化している。

つまり上述の1.ならびに2.のプロセスは環境により可変的となり、3.のIoTゲートウェイで上手く対応することができれば、IoT導入におけるコストやスケジュールを最適化することにつながる。
逆説的に、IoTゲートウェイの理解が薄いと、IoT導入のコスト増を招き、プロジェクトが破綻することもあり得る。

IoTがモノをインターネットに繋ぐ事とするならば、モノとインターネットを繋いでいるのがIoTゲートウェイであり、IoTを導入する上で重要と言えよう。

下記資料では、IoTゲートウェイ選定のポイントを纏めている。

Previous

NTT Com、フルMVNO活用のeSIMによるモバイル通信プランを国内提供開始

大成建設・ドコモ・名大・シスコなど、次世代型病院の実現に向けた運用管理システムの実証実験を開始

Next