IoTデバイスのバッテリー寿命を最適化するためのヒント

PR

IoTを実現するには、ネットワークとバッテリーが必須であることは言うまでもない。

リッチなエッジコンピューティングが実現される昨今、バッテリー寿命の重要さは増している。例えば、農地に置かれているスマート農業センサーや、工場に置かれる産業用センサーは、頻繁な電池の交換を良しとしないし、ペースメーカーのような医療・ヘルスケアデバイスで使うバッテリーは、電池切れそのものが問題になる。

身近なところで、スマートウォッチなどのウエアラブルデバイスを考えても、これは言える。1日しか電池が持たないスマートウォッチと、1週間持つもの、1か月持つものがあったとすれば、バッテリーの寿命は購買意欲の向上に大きく貢献するだろう。

バッテリー寿命の最適化手法

では、バッテリー寿命を長持ちさせるのにどういった方法があるというのだろうか。

例えば、何らかのデバイスがあったとして、そのバッテリーを長期に使おうと思ったら、まず、「ディープ・スリープ・モード」と呼ばれる、低消費電力モードを維持することが必須となる。

また、何らかの処理を行い、通信をするとしても、その時間は一瞬であることが多い。その処理が短期間に頻繁に起きれば、それを漏れなく計測することも必要になるだろう。

さらに、ハードウエアやソフトウエアのアーキテクチャなどにもバッテリーの寿命は、大きく影響を受けることになる。また、あまり知られていないことかもしれないが、無線の干渉がバッテリーの寿命に影響を及ぼすこともある。

ほかにも、様々な環境条件におけるテストを行ったり、他の無線規格との共存をテストしたり、・・・と確認項目はたくさんある。

こういった、様々なバッテリーに関する考慮すべきポイントを整理し、必要なテストをきちんと行うことがIoTデバイスの差別化上、非常に重要になるのだ。

そこで、これらの注視すべき項目や、具体的なテスト実施内容について、下記資料に掲載するので、ダウンロードしてみてほしい。

Previous

NTT・早大ラグビー部など、hitoeを活用した科学的なトレーニング支援技術を開発し有効性を実証

TIS、ZETAとLoRaWANを活用し、公共施設の課題解決に向けたデータ可視化の実証実験を実施

Next