100の事例に見る、AI活用の基本

PR

本記事は、日本システムウエア株式会社の協力のもと制作しております。

AIと聞くと、万能なものを想像する人が多いかもしれないが、実際は、複雑なことをAIで実現することは難しい。データを集め、分析し、AIモデルを作成するというAIを活用するためのフローには専門性が必要である。

しかし、多くの人にとっては、こうした専門性が必須というわけではなく、自分の業務の「どの部分にAIを導入すれば、効率化や省人化が図れるのだろうか」ということを、イメージできることが重要だ。

NSWの100の事例に見る、AI活用の基本

下記リンクからダウンロード出来る資料には、様々なシーンで活用される具体的なAIの事例を紹介している。

ダウンロードして、AIを活用するイメージを湧かせてほしい。

 

Previous

経産省、デジタル産業の創出に向けた研究会を開催

ISID、AIモデル開発・運用自動化ソリューション「OpTApf」にデータの前処理加工を行う新機能「タイムスフィーチャ機能」を搭載

Next