シミュレーションベースのデジタルツインとは、「CAE」を活用した事例とソリューションを紹介

PR

本記事は、サイバネットシステム株式会社の協力のもと制作しております。

シミュレーションベースのデジタルツインとは、現実空間の実センサーとバーチャル空間にある仮想センサーを繋げて、実センサーでは直接計測が困難な状態量をリアルタイムに推定する手法である。

その中でも、CAE(Computer-Aided Engineering)は、デジタル空間上に作成したモデルを使って、物理現象をシミュレーションし、性能を予測するものだ。

CAE を用いたシミュレーションベースのデジタルツインを活用すると、起きている現象をリアルタイムに観測できると同時に、将来発生する事象を予測することが可能になる。

これによって、製造装置の「異常動作」や「故障」といったトラブルや重大事故の発生を未然に防ぐことが可能になる。

本資料では、「シミュレーションベースのデジタルツイン」の活用例として「電磁ブレーキの自動制御」および、「クリープ疲労による寿命予測」を紹介する。

また、シミュレーションベースのデジタルツイン開発環境についても解説する。

これからのCAE活用方法

下のリンクから、資料をダウンロードして、チェックしてみてほしい。