ソニー、高解像度と高感度の両立を実現した 広範囲の監視に最適な4K対応ネットワークカメラを発売

ソニーは、1.0型裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーを搭載し、高解像度と高感度の両立を実現した、自社初となる4K対応の屋外型ネットワークカメラ「SNC-VM772R」を発売する。

4Kの高精細な映像で広範囲を全体俯瞰しながら、顔やナンバープレートなどの細部まで1台でとらえることができるため、監視の精度および設置の柔軟性の向上に貢献する。

 

・関連リンク
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201507/15-062/

Previous

IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」、ゲートウェイ3社製品に対応

ストレス気味の人に、スパのクーポンを配信! スマホカメラに指当て30秒でストレスチェックできるアプリ『COCOLOLO(ココロ炉)』の新バージョンをリリース

Next