脆弱なIT/IoT/OT機器を狙った7つのサイバー攻撃の手法と、その防御策

PR

本記事は、アルミスの協力のもと制作しております。

2020年3月以降日本の自動車関連メーカーを含め、多くのサイバーセキュリティ事案が発生している。

セキュリティに多くの企業が投資しているにも関わらず典型的な攻撃ですら防ぐことが出来ていない。PCやモバイル機器などOSがセキュリティ機能を設けており、多くのメーカーが機能を有効に使う製品や、より強固にする製品を提供している。

そんな中でも外部起因の問題が発生するのは、管理できていないデバイスが盲点となっているからだ。

管理が難しい生産系のデバイス、防犯カメラなどいつの間にかアナログからデジタルになったデバイス、会議室のモニター、コロナ対策に導入した医療機器などIT管理者が管理していないデバイスが企業内で増加している。こういったデバイスは脆弱性を抱えていてもアップデートできない環境にあったり、そもそも脆弱性を把握する体制が整っていない場合が多い。

本資料では、このような脆弱なデバイスを狙った典型的な7つのサイバー攻撃について、その手法を紹介し、従来のセキュリティツールでは発見できない問題を、なぜ、イスラエルの軍事技術を基盤とするArmisのソリューションでは見つけることができたのかを紹介する。

企業によく見られる7つのIoT攻撃の手法とその防御

下のリンクから、資料をダウンロードして、チェックしてみてほしい。