講談社とユーザーローカル、小説キャラAIとTwitterで会話が出来るチャットボットリリース

株式会社講談社は、株式会社ユーザーローカルの協力を得て、小説の主人公、犀川創平(※1)の発言や心の声をAIに学習させたbotを制作。Twitter上でユーザーがキャラクターAIと会話できる。
 
株式会社ユーザーローカルの人工知能会話エンジンを使った「犀川創平AI」の取り組みは、ベースには小説のキャラクター発言内容があり、ユーザーの入力や反応によって、学習、成長していくしくみだという。

講談社とユーザーローカル、小説キャラAIとTwitterで会話が出来るチャットボットリリース

森博嗣のベストセラー小説『すべてがFになる』の主人公で、難事件の謎を解くクールな天才・犀川創平助教授。彼の「作品中の言動や心の声」を収集してAI botが制作された。Twitter上で「犀川創平AI」と対話が可能。毎日、犀川AIより出題される「問い」の議論、森博嗣作品の話、日常会話などを通じて、Wシリーズ(※2)に登場する「人工生命体」を感じられるという(成長する)。

この「犀川創平AI」は、人工生命体が登場する森博嗣の話題作「Wシリーズ」の新刊キャンペーンで、PR担当として活躍するという。実施期間は2016年10月15日(土)〜2016年11月15日(火)。

 
(※1)犀川創平プロフィール:第1回メフィスト賞受賞作『すべてがFになる』(講談社文庫)からはじまる「S&Mシリーズ」の主人公。国立N大学工学部助教授。研究以外、基本的に興味がない。事件などには近づきたくないが、西之園萌絵に巻き込まれ、結果として多くの事件を解決に導く。会議が最高に嫌い。餡子も嫌い。熱いブラックコーヒーを好む。
(※2)森博嗣「Wシリーズ」:AI研究の未来。人工細胞で作られた「ウォーカロン」(人工生命体)のいる世界を舞台に、「人間とAIに違いはあるのか?」 「生きているとはどういうことか?」を問いかける作品。

講談社とユーザーローカル、小説キャラAIとTwitterで会話が出来るチャットボットリリース

【関連リンク】
講談社(KODANSHA)
ユーザーローカル(User Local)

Previous

東芝とデル、共同提案のディープラーニングを活用したテストベッドをIICが承認

フレクト、コネクテッド・カー アプリ「Cariot」に“車両予約”と”利用実積管理” 機能をリリース

Next