Hortonworks Data Platform、Lenovoのビッグデータアナリティクスプラットフォーム管理に採用

Hortonworks, Inc.は、Lenovo Group Ltd.(以下Lenovo)が強力なビッグデータアナリティクスプラットフォームの管理にHortonworks Data Platform(HDP)を使用し、グローバルなサポートのためにHortonworks Professional Servicesを選択したことを発表した。

現在Lenovoは、製品中心から顧客中心の企業への変革の最中にあるという。この変革の核となるのは、顧客が購入に至るプロセスを理解し、リアルタイムのコネクテッドエクスペリエンスを提供することだという。同社は、購入プロセスに存在するさまざまなタッチポイントから膨大なデータを収集し、機械学習アルゴリズムを利用してパーソナライズされたエクスペリエンスをリアルタイムに提供。同社には、このビジネス目標の達成と拡大を支えるHortonworksのようなパートナーが必要だったという。

2013年以降、Lenovoはビジネスの推進のために、グローバルに急増するデータの活用を目的としたビッグデータイニシアティブにコミットしている。Lenovoのグローバルビジネスインテリジェンスチームは、わずか数年でペタバイト規模にまで拡張されたLenovo Unified Customer Intelligence(LUCI Sky)というハイブリッドクラウドベースのプラットフォームを開発した。このアナリティクスプラットフォームは、HDPを利用して無数のグローバルソースから実践的なインサイトを秒単位の時間で提供する。

現在、Lenovoのビジネスインテリジェンスチームは、マーケティングのリスクと機会の特定など、リアルタイムのデータプロファイリングと異常検出に重点を置いているという。同社のデータレイクには、クリックストリームデータ、サーベイ、金融トランザクションのほか、ソーシャルデータまでもが取り込まれるという。

【関連リンク】
ホートンワークス(Hortonworks)
レノボ(Lenovo/聯想集団)

Previous

Nextremer、NEXCO東日本と共同で高速道路SAへの人工知能活用の「対話接客システム」実証実験開始

Fitbit、スイミングに対応したリストバンド「Fitbit Flex 2」日本発売開始

Next