アスラテック、2016年国内開発されたサービスロボットは「見守り・コミュニケーション」分野が最多と発表

アスラテック株式会社は、国内のサービスロボットの開発動向に関する調査結果を発表した。この調査は、2014年から2016年10月までに国内で発表されたサービスロボットに対し、その完成時期やジャンルなどを追跡調査したものだという。

2016年10月末時点で、国内で開発された新しいサービスロボットは91機種になった。11月~12月も同様のペースで推移した場合、2016年末にはおよそ109機種に届く見通しだという。過去2年では、2014年は67機種、2015年は82機種で、年間の新規サービスロボット数の推移を示したグラフが図1となる(2016年は予測値)。2016年の新しいサービスロボットの機種数は昨年比で133%となり、調査を開始した2014年から引き続き高い成長を続けている。

アスラテック、2016年国内開発されたサービスロボットは「見守り・コミュニケーション」分野が最多と発表
図1 国内で開発されたサービスロボットの機種数

2016年に開発されたサービスロボットをジャンル別に分けると、図2および表1のようになる。サービスロボットのジャンル別の割合では、「見守り・コミュニケーション」が最も多く、全体の約15.4%に及んでいる。2位以降、「アミューズメント」約13.2%、「介護・福祉」約12.1%、「清掃」約11.0%と続く。20ジャンルのうち上位4ジャンルで全体の半分以上を占める結果となった。

アスラテック、2016年国内開発されたサービスロボットは「見守り・コミュニケーション」分野が最多と発表
図2 新規開発サービスロボットのジャンル別比率(2016年)
アスラテック、2016年国内開発されたサービスロボットは「見守り・コミュニケーション」分野が最多と発表
表1 新規開発サービスロボットのジャンルと機種数(2016年1月~10月)

ジャンル別の新規開発サービスロボットの機種数について、2014年以降の年間推移を示したものが図3となる(2016年は予測値)。目立った伸びを示したのが「見守り・コミュニケーション」ロボットで、2014年に2機種、2015年に9機種だった新規開発数は、2016年ではおよそ17機種が見込まれている。これは前年比で約187%、2年前との比率は約840%となっており、「見守り・コミュニケーション」ロボットの躍進がデータのうえからも明らかになった。

アスラテック、2016年国内開発されたサービスロボットは「見守り・コミュニケーション」分野が最多と発表
図3 新規開発サービスロボットの機種数の推移(ジャンル別)

<調査期間>2014年1月~2016年10月

<調査方法>同社社員による書籍や雑誌、プレスリリース、インターネットなどからの文献による調査、ならびに展示会などにおける現物確認。参照した主なメディアは『日刊工業新聞 電子版』『Engadget日本版』『ロボスタ』『ITmedia』『ROBOTEER』『PRTIMES』『ロボットノート』。ほかにGoogleで「ロボット」をキーワードにした検索情報も参照。

<対象とするサービスロボットについて>
当該期間に発表されたプレスリリースや報道において、国内で開発されたロボットとして取り上げられた製品のうち、工場などで使われる産業ロボット以外のものを「サービスロボット」としている。それらのサービスロボットについて追跡調査を行い、製作が完了した時期(商品の場合は発売時期)とジャンルをまとめている。プレスリリースなどで発表されていても、開発途中のロボットは含めていない。なお、サービスロボットのジャンル区分は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2010年に発表した「2035年に向けたロボット産業の将来市場予測」における、サービス分野のロボット分類に準じているという。

【関連リンク】
アスラテック(Asratec)

Previous

NIXON、アクションスポーツ対応スマートウォッチ「THE MISSION」日本で販売開始

テクロック、クラウド型測定ソリューション・サービス 「SmartMeasure」α版を開発

Next