OKI、空中音響技術を利用した「ドローン探知システム」で探知距離300mを実現

沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、300m先に飛来するドローンの探知が可能な「デュアルパラボラ型指向性音響センサー」を開発し、「ドローン探知システム」のラインアップとして販売を開始した。「ドローン探知システム」では「デュアルパラボラ型指向性音響センサー」と既存の「無指向性音響センサー」とを組合わせ、顧客のさまざまな運用に応じた柔軟なシステム構築を実現する。

ドローンの急速な普及にともない、ドローンの特長を活かした映像制作、災害地調査、インフラ老朽化点検、物資輸送などへの利用やサービスが高まっている。これらドローンの利活用のほか、盗撮・盗聴、落下による器物破損などの事故や、毒物散布などドローンの悪用による脅威に対する社会的懸念もあり、国内においては、2015年12月に「改正航空法」、2016年5月には「小型無人機等飛行禁止法(注1)」と、ドローンやラジコンなどの無人航空機の飛行ルールや飛行禁止区域の設定が新たに施行された。

OKIは、これらの施行に先駆け、重要施設や要人警護向けに2015年6月から空中音響技術(注2)を利用し夜間でも探知可能な「ドローン探知システム」を販売してきた。新たな法律への対応として、今回探知距離を300mとした「デュアルパラボラ型指向性音響センサー」を開発した。

今回開発された「デュアルパラボラ型指向性音響センサー」は、ドローンの飛行音を2本のマイクロフォンとパラボラで収集して音源位置分析を行い、探知距離300mを実現。また、音響センサーの設置環境に応じた背景雑音除去機能、感度調整機能を新たに加え、騒音下にある環境での探知性能向上を図ったという。これにより、最小構成を組合わせることで高性能な全方位での探知を実現する。さらに、顧客からの要望に応じたカメラシステムと連携するオプションも用意し、映像による確認が行えるほか、映像録画や侵入履歴の記録を残すなど、監視用途を広げた運用も行えるようにしたという。

OKIは、今後も「ドローン探知システム」で施設管理者、警備会社の多様なニーズに柔軟に対応していく。

標準価格:6,000,000円(税別)~
※最小構成:デュアルパラボラ型指向性音響センサー、処理部、操作表示ソフト各1式、工事費別途
※全方位探知の場合は、最小4セット構成から

システム構成

OKI、空中音響技術を利用した「ドローン探知システム」で探知距離300mを実現
※1台の操作表示部に収容できる音響センサーアレイ数(標準)

NO 品目 内容
(1) 操作表示部 探知結果の画面表示、光学カメラの映像表示(オプション)、探知結果の記録保存
(2) 処理部 音響センサーの信号を解析し、解析結果を操作表示部に転送
(3) デュアルパラボラ型指向性音響センサー 2個の音響マイクロフォン、パラボラで構成された音響センサー
(4) 無指向性音響センサー(従来タイプ) 4個の音響マイクロフォンで構成された音響センサー
オプション
(5) 光学カメラ(従来タイプ) 無指向性音響センサー対応映像追尾用カメラ

音響センサー性能比較

探知距離 探知範囲 方位精度
デュアルパラボラ型指向性音響センサー 直線300m 指向角90度 ±10度
無指向性音響センサー(従来タイプ) 半径最大150m 水平:360度、
府仰角:±90度
±10度

※音響センサー設置条件、周囲環境により変動する

操作表示部 表示例

OKI、空中音響技術を利用した「ドローン探知システム」で探知距離300mを実現

NO 状態 内容
(1) 機影探知中 ドローン判定時の表示状態。探知したドローンの方位情報を表示。
(2) 音源探索中(通常時) 音源探索中の表示状態。デュアルパラボラ指向型音響センサーの設置方向を表示。

  • ※探知範囲の表示ではありません。

デュアルパラボラ型音響センサーを用いた運用例

OKI、空中音響技術を利用した「ドローン探知システム」で探知距離300mを実現

注1:小型無人機等飛行禁止法
重要施設敷地とその周辺300メートルの上空の飛行を禁止した法律。

注2:空中音響技術
空中を伝わる音響信号に関わる、受信、信号処理、情報処理、表示処理などの全般技術。

【関連リンク】
沖電気(OKI)

Previous

日産と兼松が「EVの行動範囲拡大実証事業」開始、EVやEV充電のリアルタイムデータビジネスやビッグデータビジネスを検討

ARアドバンストテクノロジの機械学習ソリューションがソフトバンクのAI会話エンジンと連携、コールセンターの問題解決に貢献

Next