損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険、契約者へFitbit製ウェアラブル端末貸与し活動データ収集を開始

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、顧客の健康増進を応援する企業への変革を目指し、フィットビット・ジャパン合同会社製のウェアラブル端末を一部の保険契約者(※1)に貸与し、健康を軸とした商品やサービス開発に資する活動データを収集する取組みを開始する。同取組みの開始にあたり、対象期間を2年間とするモニターの募集を11月7日に開始した。
 
同取組みでは、同社の健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」のもと、フィットビット製ウェアラブル端末を通じて保険契約者の活動データ(※2)と、健康診断や人間ドックの結果等をもとに、活動データと疾病の因果関係を分析し、今後展開する健康を軸とした商品やサービスの検討・開発につなげていくという。
 
同社は、日常生活におけるさまざまな活動を測定・記録する先進的技術を持ち、健康とフィットネスを結び付ける市場におけるグローバルリーダーであるフィットビットと共同し、2016年4月から、3,000人の社員を対象にフィットビット製ウェアラブル端末を配布して活動データの収集を行うなど、健康とテクノロジーをつなぐヘルステック(※3)の取組みを進めている。

※1 同社より案内する一部の保険契約者を対象。活動データは契約者の同意のもと取得。
※2 歩数、歩行距離、燃焼カロリー、運動時間、睡眠、上り階数、心拍数等
※3 ヘルステック(health tech)とは、HealthcareとTechnologyを組み合わせた米国発の造語。

【関連リンク】
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(Sompo Japan Nipponkoa Himawari Life Insurance)
フィットビット(Fitbit)
Linkx(リンククロス)

Previous

ボッシュとソニー、IoTの発展に重要な”IoTの目”ビデオセキュリティ事業で協業

ダッソー・システムズ、3Dエクスペリエンス・プラットフォームでフランスと中国の産業戦略を支援

Next