Nextremer、早稲田大学高等研究所と量子アニーリングを用いた人工知能の共同研究を開始

人工知能テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛ける株式会社Nextremerは、早稲田大学高等研究所と量子アニーリング(※1)を用いた人工知能ソフトウェア開発を目的とした共同研究契約を、本日11月16日に締結した。

今回の共同研究は、近年確立されつつある量子アニーリング手法を応用したもので、先端的な人工知能の基礎技術研究の取り組みだという。研究は、Nextremerが、アプリケーション開発及びシミュレーション計算を担当し、早稲田大学は技術支援のほか、量子アニーリングの計算適用検討等を担当。早稲田大学高等研究所では、統計物理学の知見と大規模数値計算の手法を活かし、量子アニーリングをはじめとしたイジングモデル型情報処理の理論研究及び、実問題への応用展開に取り組む田中宗(たなかしゅう)助教が担当するという。

研究内容は以下のとおり。

  1. 対話システムへの応用を目的とする、量子アニーリングを用いた個人の選択の予測
  2. 量子アニーリングを用いた深層学習など機械学習の高速化・リソースの削減

人工知能技術の課題に対して量子アニーリングを実行することにより、新たな視点を得られる可能性がある。上記テーマに沿って開発を進め、ハードウェア実装も検討していくという。

※1 量子アニーリングとは:
物理学の最新の知見を取り入れた次世代の量子情報処理技術のこと。この技術は、組合せ最適化問題(条件を満たす膨大な選択肢の中から一番良いものを求める問題)と呼ばれる、通常の計算手法では計算量が爆発的に増えてしまう問題を、高速に解くことができる計算手法として期待されている。

【関連リンク】
ネクストリーマー(Nextremer)
早稲田大学(Waseda University)
早稲田大学高等研究所(WIAS)

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

イーソルのスケーラブルRTOS「eMCOS」、次世代ADASやインダストリアルIoT向けXilinx Zynq UltraScale+MPSoCをサポート

ファーウェイとドコモ、4.5GHz帯域を使用した5G大規模フィールド・トライアルに成功

Next