CAC Holdings、米国ベンチャー企業Jiboに出資

株式会社CAC Holdingsは、新事業領域の開拓を目的に、米国を拠点とする家庭向けソーシャルロボット開発・販売のスタートアップ企業 Jibo, Inc.への出資を行ったことを発表した。出資金額は約2.4億円だ。

 

出資は、同社がFenox Venture Capitalと共同で10月に設立したファンド、Fenox Venture Company XI, L.P.を通じて行った。

同ファンドは同社が遂行中の2015-17年度中期経営戦略における「新事業領域へのチャレンジ」の施策の1つとして機動的な投資が可能なファンドとして設立し、先端テクノロジー分野でのベンチャー企業との提携により新事業領域開拓を図るものだ。

Jiboは、ソーシャルロボットのパイオニアであるマサチューセッツ工科大学教授のシンシア・ブリジール博士を始めとする同分野の精鋭により創業された。

同社が開発した「Jibo(ジーボ)」は、音声および感情認識や自然言語処理、機械学習、感情表現ディスプレイ、動作などの最先端技術が投入され、家庭内のメンバーと感情や会話、周囲の出来事の理解を通じてコミュニケーションを図り、多様なタスクの理解と実行ができるなど、家庭向けソーシャルロボットとしては世界初の高度な機能を備えている。

同社はこの出資を通じてJiboの日本市場におけるビジネス展開を支援し、家庭向けおよび企業向けソーシャルロボット市場への参入を予定している。

CAC Holdings、米国ベンチャー企業Jiboに出資

CAC Holdings、米国ベンチャー企業Jiboに出資

【関連リンク】
CAC
Jibo

Previous

ライフロボティクス、技術を採用した画期的なピッキング用コ・ロボット「CORO™」を発表、2015国際ロボット展にて初公開

スマートホームで節電する

Next