コネクテッド・カー

クルマの未来 コネクテッド・カー(Connected Car)とは、クルマのIT化により、クルマ自体の快適性や安全性の向上が実現される。 クルマに付けられているセンサーと内部のネットワークにより実現できることだけでなく、クルマがクラウドと接続し、様々な情報サービスを受けることができる。 街全体でのエネルギー効率化にも貢献し、シェーアドカーサービスや、渋滞緩和など都市環境にも影響を及ぼす。 また、自動運転技術も進んできている。
産業革新機構、三菱電機、ゼンリンら7社、高精度3次元地図データの研究開発を行うダイナミックマップ基盤企画へ出資

産業革新機構、三菱電機、ゼンリンら7社、高精度3次元地図データの研究開発を行うダイナミックマップ基盤企画へ出資

株式会社産業革新機構、三菱電機株式会社、株式会社ゼンリン、株式会社パスコ、アイサンテクノロジー株式会社、インクリメント・ピー株式会社、株式会社トヨタマップマスターの7社(以下、引受7社)は、高精度3次元地図データの研究・ … Read more

ボッシュとソニーセミコンダクタソリューションズが技術提携で合意、照度条件が厳しい環境でも車両の周囲を確実に検知できるカメラ技術を開発

ボッシュとソニーセミコンダクタソリューションズが技術提携で合意、照度条件が厳しい環境でも車両の周囲を確実に検知できるカメラ技術を開発

天気が良く、太陽が低い位置にあると、運転中に非常にまぶしく感じ、視界が制限されてしまうことがある。また、よく晴れた日に、運転している車がトンネルから出る際、まぶしい光を遮るためにサンバイザーが必要になることもよくある。明 … Read more