コネクテッド・カー

クルマの未来 コネクテッド・カー(Connected Car)とは、クルマのIT化により、クルマ自体の快適性や安全性の向上が実現される。 クルマに付けられているセンサーと内部のネットワークにより実現できることだけでなく、クルマがクラウドと接続し、様々な情報サービスを受けることができる。 街全体でのエネルギー効率化にも貢献し、シェーアドカーサービスや、渋滞緩和など都市環境にも影響を及ぼす。 また、自動運転技術も進んできている。
クルマの未来

IoTで変わる自動車産業

クルマはこれまで自動車メーカーだけのものだった。

そこに、CO2削減、環境配慮エネルギー、というお題目のもと、電気自動車という概念が持ち込まれた。

当時、誰もが自動車会社が新しいエネルギーを使った、全く新しいクルマを作るのだと思っていたし、まさかインターネット関係企業がクルマのマーケットに参入するとは思っていなかった。

所詮は、Google Mapのような便利なカーナビソフトを作るくらいで、クルマ自体を作る日がくるとは予想すらしなかった。

Read more

IoTと自動車産業

IoT時代のクルマ社会

GoogleやAppleが自動車を作るというニュースや噂が世界中を駆け巡り、IoT(モノのインターネット)と言えば必ず話題になる「自動運転カー」。

クルマが自動運転してくれるようになれば、運転技術に自信がない人もクルマに乗れるようになったり、寝ながら目的地に着いたりすることができるようになるのだろうか。

自動車メーカーではない会社が、クルマを作っていくことはどうなっていくことなのか。TOYOTAやHONDAは今、何をしているのか。すでに現在、発表されている事例を紹介していく。

Read more