富士通研究所(FUJITSU LABORATORIES)

富士通とサイバーエージェント、医薬品の安全な配送を実現するオンライン服薬指導向け情報連携プラットフォーム構築に向けた共同実証プロジェクトを開始

富士通とサイバーエージェント、医薬品の安全な配送を実現するオンライン服薬指導向け情報連携プラットフォーム構築に向けた共同実証プロジェクトを開始

近年、新型コロナウイルス感染症が拡大し、医療機関の受診が困難になりつつあることを鑑みた時限的・特例的な対応として、2020年4月10日に厚生労働省が発出した「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用 … Read more

富士通研究所、教師データなしで高次元データの特徴を獲得できるAI技術「DeepTwin」を開発

富士通研究所、教師データなしで高次元データの特徴を獲得できるAI技術「DeepTwin」を開発

近年、様々なビジネスの領域において、膨大かつ多様なデータをAIで解析する需要が急増している。 例えば、ネットワーク経由の通信アクセスにおいては未知の不正アクセスによる攻撃が問題となっているが、膨大な通信アクセスデータから … Read more

富士通研究所、ディープラーニングを活用して正しい手洗い動作を判定する映像認識AI技術を開発

富士通研究所、ディープラーニングを活用して正しい手洗い動作を判定する映像認識AI技術を開発

近年、細菌やインフルエンザ、新型ウイルスなどの感染から人々の健康を守る対策として手洗いの重要性が世界的に再認識されている。厚生労働省では、食中毒や感染症の予防に効果的な正しい手の洗い方6ステップの実施を推奨している。 現 … Read more

富士通研究所、がんゲノム医療を効率化するAI技術を東大医科研と共同開発

富士通研究所、がんゲノム医療を効率化するAI技術を東大医科研と共同開発

がんゲノム医療では、がん患者の遺伝子変異を明らかにすることで、病気のなりやすさや、薬の反応性・副作用などを予測して、患者ごとに最適な医療を提供することを目的としている。日本では、2019年6月からがん遺伝子パネル検査が健 … Read more

富士通研究所、AIの精度の推定とAIモデルの自動修復を可能にする技術「High Durability Learning」を開発

富士通研究所、AIの精度の推定とAIモデルの自動修復を可能にする技術「High Durability Learning」を開発

近年、AIの普及がますます進み、AI活用による業務効率化や生産性向上などに期待が集まっている。しかし、学習データから構築したAIモデルは、業務で使い続けるにしたがって、社会情勢や市場・環境の変化などにより、入力データの傾 … Read more

富士通研究所が秘匿検索技術を強化、暗号化した機密情報の類推を防止する技術を開発

富士通研究所が秘匿検索技術を強化、暗号化した機密情報の類推を防止する技術を開発

官民データ活用推進基本法(※1)の施行などの法整備、クラウド利用やビッグデータ分析などのシステム普及に伴い、パーソナルデータ(※2)や機密データ(※3)を組織や異業種間で横断して活用することが期待されている。医療分野では … Read more

富士通研究所とカーネギーメロン大学、小規模な学習データでAUを検出するAI表情認識技術を開発

富士通研究所とカーネギーメロン大学、小規模な学習データでAUを検出するAI表情認識技術を開発

近年、顔映像から表情変化を捉え、人の感情を推定する技術が注目されている。これまでは、喜怒哀楽など、口角や目じりが大きく動く明確な表情変化を対象とした技術が開発され、撮影動画のハイライトシーンの自動抽出や人の感情に応じて動 … Read more