富士通研究所(FUJITSU LABORATORIES)

富士通研究所、1つの教師データをもとに映像中の要素作業を自動検出する技術を開発

富士通研究所、1つの教師データをもとに映像中の要素作業を自動検出する技術を開発

従来、工場などの作業現場では、作業員が作業している様子を撮影し、その映像から各要素作業における問題点の洗い出しと改善を行い、生産性や品質の向上を図っているが、映像から各要素作業にかかる時間を取得するために、手作業で各要素 … Read more

富士通研究所と北海道大学、望む結果を得るために必要な手順を自動で提示できる「説明可能なAI」を開発

富士通研究所と北海道大学、望む結果を得るために必要な手順を自動で提示できる「説明可能なAI」を開発

AI分野では、データから自動的に判断するだけでなく、個々の判断理由を与えてくれる「説明可能なAI」や、望ましくない判断結果に対して、改善するための項目を提示するAI技術が注目されている。しかし、これらの技術は個々の項目に … Read more

富士通研究所、マスク着用でも着用なしと同等レベルのマルチ生体認証技術を開発

富士通研究所、マスク着用でも着用なしと同等レベルのマルチ生体認証技術を開発

近年の新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、マスクの着用がエチケットとして常態化しているが、一般にマスク着用のままで顔認証を行う場合、顔の大部分が隠れてしまうため、顔情報での絞り込みの精度が低下することがあった。その … Read more

富士通研究所、AIを活用してヒトやモノ等のデータの一つひとつが持つ特徴的な因果関係を発見する技術を開発

富士通研究所、AIを活用してヒトやモノ等のデータの一つひとつが持つ特徴的な因果関係を発見する技術を開発

近年、医療やマーケティングなど様々な業務において、実問題解決のためにAIを活用して施策を立案することが増えてきている。解決したい問題の重要な要因を特定し、施策を立案するためには、属性AとBの間に関連があるという相関関係だ … Read more

富士通研究所、AI判定を意図的にだます偽装攻撃を検知する系列データ向け耐性強化技術を開発

富士通研究所、AI判定を意図的にだます偽装攻撃を検知する系列データ向け耐性強化技術を開発

近年、様々な領域におけるAI活用が進む中、AIの誤判定を意図的に引き起こす攻撃のリスクが懸念されている。従来の攻撃対策技術は画像・音声などのメディアデータ向けに適した技術が多く、通信ログやサービス利用履歴などの系列データ … Read more

富士通とサイバーエージェント、医薬品の安全な配送を実現するオンライン服薬指導向け情報連携プラットフォーム構築に向けた共同実証プロジェクトを開始

富士通とサイバーエージェント、医薬品の安全な配送を実現するオンライン服薬指導向け情報連携プラットフォーム構築に向けた共同実証プロジェクトを開始

近年、新型コロナウイルス感染症が拡大し、医療機関の受診が困難になりつつあることを鑑みた時限的・特例的な対応として、2020年4月10日に厚生労働省が発出した「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用 … Read more

富士通研究所、教師データなしで高次元データの特徴を獲得できるAI技術「DeepTwin」を開発

富士通研究所、教師データなしで高次元データの特徴を獲得できるAI技術「DeepTwin」を開発

近年、様々なビジネスの領域において、膨大かつ多様なデータをAIで解析する需要が急増している。 例えば、ネットワーク経由の通信アクセスにおいては未知の不正アクセスによる攻撃が問題となっているが、膨大な通信アクセスデータから … Read more

富士通研究所、ディープラーニングを活用して正しい手洗い動作を判定する映像認識AI技術を開発

富士通研究所、ディープラーニングを活用して正しい手洗い動作を判定する映像認識AI技術を開発

近年、細菌やインフルエンザ、新型ウイルスなどの感染から人々の健康を守る対策として手洗いの重要性が世界的に再認識されている。厚生労働省では、食中毒や感染症の予防に効果的な正しい手の洗い方6ステップの実施を推奨している。 現 … Read more