東京大学大学院情報理工学系研究科(Graduate School of Information Science and Technology)

東京大学とアイネット、PLRを活用したパーソナルデータの利活用やAI/データ分析を共同研究

東京大学とアイネット、PLRを活用したパーソナルデータの利活用やAI/データ分析を共同研究

2018年5月に施行されたEU一般データ保護規則(GDPR)では、データポータビリティ権や削除権などが定められており、日本国内でもデータポータビリティ等の検討が進められている。 このような中、東京大学大学院情報理工学研究 … Read more

アット東京・慶應義塾大学・東京大学・セコム、機械学習によるデータセンター設備の異常検知・運転支援の実用化に向けて実証実験

アット東京・慶應義塾大学・東京大学・セコム、機械学習によるデータセンター設備の異常検知・運転支援の実用化に向けて実証実験

セコムグループのBPO・ICT事業を担う株式会社アット東京は、インフラであるデータセンターを24時間365日、安定稼働させて顧客のビジネスをサポートしている。また、慶應義塾大学理工学部情報工学科の松谷宏紀研究室と国立大学 … Read more

NECと東京大学、高速カメラにより製造ラインの検品作業を効率化する物体認識技術を開発

NECと東京大学、高速カメラにより製造ラインの検品作業を効率化する物体認識技術を開発

近年、製造業において顧客ニーズの多様化に対応した多品種変量生産が進む中、品質トラブルの防止と生産効率の維持・向上の両立が求められているが、労働人口が減少しているため、人的作業ではなく画像認識を中心とした検品作業の高度化が … Read more

東大、省電力性能高いキャッシュメモリを実現するノーマリーオフ技術を開発。従来比で消費電力10分の1以下を達成。

東大、省電力性能高いキャッシュメモリを実現するノーマリーオフ技術を開発。従来比で消費電力10分の1以下を達成。

【概要】 ■高い省電力性能を有するキャッシュメモリを不揮発性メモリで実現するためのノーマリーオフ技術を開発。 ■不揮発性メモリをキャッシュメモリとして高速に動作させる場合にはメモリ制御回路部の消費電力が大きくなる。メモリ … Read more