京都大学(Kyoto University)

京都大学とNTT、臨床情報を管理・統合する医療リアルワールドデータを構築する新会社を設立

京都大学とNTT、臨床情報を管理・統合する医療リアルワールドデータを構築する新会社設立

現在の医療では、それぞれの医療がどのように実践され、どのような課題があるかを迅速・正確に把握することは困難であり、臨床研究などで時間と労力をかけてデータを蓄積し、分析してからはじめて現れる事象が沢山ある。 しかし、臨床試 … Read more

NTTドコモと京都大学、動画撮影で橋のたわみと車両重量をもとに劣化を推定する「橋梁劣化推定AI」を開発

NTTドコモと京都大学、動画撮影で橋のたわみと車両重量をもとに劣化を推定する「橋梁劣化推定AI」を開発

国内には、10~30m程度の長さの橋梁が多く存在する。橋梁の劣化を確認するには、目視や打音による点検が一般的だが、技術者の技量により判断が異なることが多く、さらには経験豊富な技術者の不足や足場の設置を必要とするなど点検コ … Read more

京都大学とNTT、IOWN構想が実現する世界に向けてテクノロジーの進化と人が調和する新たな世界観を構築するプロジェクトを発足

京都大学とNTT、IOWN構想が実現する世界に向けてテクノロジーの進化と人が調和する新たな世界観を構築するプロジェクトを発足

次世代のコミュニケーションは、遠隔診療、防災、教育、自動運転、金融、エンタテインメント、スポーツ、製造など、さまざまな分野にわたって社会や生活を変えていく可能性を秘めている。コミュニケーション基盤技術の進化により、今後、 … Read more

試作・研究段階を超え、実装されだした水産業のデジタル化 ージャパンインターナショナルシーフードショーレポート

試作・研究段階を超え、実装されだした水産業のデジタル化 ージャパンインターナショナルシーフードショーレポート

2019年8月21日〜23日ジャパンインターナショナルシーフードショーが東京ビッグサイトにて行われた。 その中で同時開催されていた国際水産養殖技術展、フィッシュネクスト技術展に展示されていた、IoTやAIを取り入れた水産 … Read more

エクサウィザーズと第一三共、創薬研究でAIを利活用する「データ駆動型創薬」実現に向けて共同開発プロジェクトを始動

エクサウィザーズと第一三共、創薬研究でAIを利活用する「データ駆動型創薬」実現に向けて共同開発プロジェクトを始動

近年、AIの利活用は国内外の製薬企業にも拡大し、新薬の研究開発を加速化して生産性向上に寄与するものとして注目を集めている。一方で、医療・創薬領域でビッグデータを基に創薬プロセスの高度化と効率化に取り組む「データ駆動型創薬 … Read more

AIの研究と利活用を推進する「一般社団法人AIデータ活用コンソーシアム」を設立

AIの研究と利活用を推進する「一般社団法人AIデータ活用コンソーシアム」を設立

今日、AIの研究およびAIを用いたサービスの開発は世界中で競争が繰り広げられ、各国で速い速度で研究が進んでいる。日本国内で、AIの研究と利活用を推進するためには、自然言語や画像などの日本固有のデータの重要性がより高まって … Read more

日本新電力総合研究所、電力利用のビッグデータを解析する「スマートライフラボ」を始動

日本新電力総合研究所、電力利用のビッグデータを解析する「スマートライフラボ」を始動

近年、IoTなどの技術革新により環境性能の高い技術や機器が社会に広く普及しているが、技術や機器の利用方法は個々の利用者の行動様式によって大きく異なる。 それらの技術や機器が早期に社会へ実装され、自立的に普及することを目標 … Read more

エネルギー・オプティマイザー、IoTを活用した持続可能な地域エネルギーシステムの構築に向け京都大学と共同研究を開始

エネルギー・オプティマイザー、IoTを活用した持続可能な地域エネルギーシステムの構築に向け京都大学と共同研究を開始

株式会社エネルギー・オプティマイザーは、国立大学法人 京都大学 大学院エネルギー科学研究科(研究責任者:エネルギー科学研究科・准教授:尾形 清一)と持続可能な地域エネルギーマネジメントシステムを活用した地域エネルギーシス … Read more

富士通研究所、少ないデータでも学習可能なディープラーニングによる物体検出技術を開発

富士通研究所、少ないデータでも学習可能なディープラーニングによる物体検出技術を開発

株式会社富士通研究所は、少数のデータしか学習に使用できない場合でもディープラーニングによる物体検出を可能とするAI技術を開発した。 近年、様々な分野でAIによる作業の自動化に向けた取り組みが行われており、例えば、医療分野 … Read more