沖電気(OKI)

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

厚生労働省が発表した「平成30年度労働災害発生状況」によれば、建設・製造・運輸業は他業種と比較して重大事故が多く、作業現場の安全性向上が継続的に大きな課題となっている。特に建設業においては、墜落・転落事故、建設機械やクレ … Read more

IHI・日本総研・OKIなど、センサーと自動運転車両の連携による「住宅地における路車間通信」の実証実験を開始

IHI・日本総研・OKIなど、センサーと自動運転車両の協調による「住宅地における路車間通信」の実証実験を開始

株式会社IHI、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、沖電気工業株式会社(OKI)、国立大学法人名古屋大学、一般財団法人日本自動車研究所、株式会社日本総合研究所は、本日から3月25日まで神戸市北区筑紫が丘において、自動運 … Read more

OKIとNTT Com、自国通貨をその日のレートで使用するセルフ端末向け新サービスの開発を検討

OKIとNTT Com、自国通貨をその日のレートで使用するセルフ端末向け新サービスの開発を検討

近年、あらゆる業種業態でインバウンド・アウトバウンド需要の取り込み、またその顧客体験価値の向上が求められている。また、日本では外国人居住者も増加し、自国の通貨を望んだときに望んだ手段で日本円に両替したり、自国通貨に再両替 … Read more

OKI、レーザー距離センサーと複数のカメラを融合して特定エリアを監視する「可搬型エリア侵入監視システム」を開発

OKI、レーザー距離センサーと複数のカメラを融合して特定エリアを監視する「可搬型エリア侵入監視システム」を開発

厚生労働省「平成30年度労働災害発生状況」によれば、建設・製造・運輸業は他業種と比較して重大事故が多く、作業現場の安全性向上が継続的に大きな課題となっている。特に建設業においては、墜落・転落事故、建設機械やクレーンとの接 … Read more

OKIの「ForeWave」、振動や音響等の波形データをエッジ領域でリアルタイムAI解析して設備の異常兆候を検知するメニューを販売

OKIの「ForeWave」、振動や音響等の波形データをエッジ領域でリアルタイムAI解析して設備の異常兆候を検知するメニューを販売

日本では、労働力不足が深刻化する中、将来の競争力強化に向けて、効率的な設備保全の実現が課題の1つとして挙げられる。従来の設備故障の兆候検知は、定期検査で、高速フーリエ変換(FFT※1)やウェーブレット変換(※2)といった … Read more

OKIと日本ドライケミカル、光ファイバーセンサーを用いた防災・減災に寄与する「異常温度リアルタイム監視ソリューション」を開発

OKIと日本ドライケミカル、光ファイバーセンサーを用いた防災・減災に寄与する「異常温度リアルタイム監視ソリューション」を開発

近年の防災意識の高まりにより、火災などの予兆をより早く検知し、速やかな対処、避難や消火活動を可能とするシステムが求められている。 そこで、沖電気工業株式会社(以下、OKI)と日本ドライケミカル株式会社は、災害につながる異 … Read more

OKI、高速ディープラーニング推論処理をエッジで実現しクラウド連携するAIエッジコンピューター「AE2100」を販売開始

OKI、高速ディープラーニング推論処理をエッジで実現しクラウド連携するAIエッジコンピューター「AE2100」を販売開始

近年、5Gに代表される通信技術とデバイス技術の進化により、より現場に近い場所でのリアルタイムなデータ活用が可能となりつつある。これに伴い、AI機能は、クラウド領域からエッジ領域に移り変わろうとしている。 そのためには、デ … Read more

NEDOとOKI、PCASを発展させたディープラーニングモデルの新たな軽量化技術を開発

NEDOとOKI、PCASを発展させたディープラーニングモデルの新たな軽量化技術を開発

ディープラーニングは、画像・音声認識などで優れた性能を有し、AI処理のアルゴリズムとしてクラウド上で活用されている。一方で、多層化により認識性能を向上させたディープラーニングモデル(以下、モデル)は、演算量・パラメーター … Read more