住友ゴム(SRI)

住友ゴム、レベル4自動運転車のタイヤ空気圧をリモート監視するモニタリングシステムを構築

住友ゴム、レベル4自動運転車のタイヤ空気圧をリモート監視するモニタリングシステムを構築

タイヤの空気圧不足はパンクの原因の一つであるとともに、燃費や走行性能の低下にもつながることから、定期的なメンテナンスが重要である。また、自動運転の普及によるドライバーレス社会では、今まで以上にメンテナンスフリーやタイヤ状 … Read more

住友ゴムと新出光他3社、タイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始

住友ゴムと新出光他3社、タイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始

タイヤの空気圧不足はパンクの原因の一つであるとともに、燃費や走行性能の低下にもつながることから、定期的なメンテナンスが重要である。また、自動運転の普及によるドライバーレス社会では、今まで以上にメンテナンスフリーが求められ … Read more

住友ゴムが自動運転車のタイヤ空気圧のモニタリング環境を構築、パンク等のタイヤトラブルを予防

住友ゴムが自動運転車のタイヤ空気圧のモニタリング環境を構築、パンク等のタイヤトラブルを予防

住友ゴム工業株式会社は、今年5月に発表した群馬大学の次世代モビリティ社会実装研究センター(以下、CRANTS)との協業によるレベル4(高度自動運転)に対応したタイヤ周辺サービスの共同研究について、自動運転車のタイヤ空気圧 … Read more

住友ゴムと日立とPTC、AI・IoTプラットフォームを活用したタイヤ生産システム構築に向けて協業開始

住友ゴムと日立とPTC、AI・IoTプラットフォームを活用したタイヤ生産システム構築に向けて協業開始

近年、製造業では、顧客ニーズの多様化やグローバル競争の激化に伴う経営環境の急速な変化、国内では生産年齢人口の減少による人手不足など、多くの課題がある。 そのような中、住友ゴム工業株式会社と株式会社日立製作所(以下、日立) … Read more

住友ゴムと関西大学、静電気を利用してタイヤの回転で電力を発生させる技術を共同開発

住友ゴムと関西大学、静電気を利用してタイヤの回転で電力を発生させる技術を共同開発

住友ゴム工業株式会社は、関西大学・谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスト)を取り付け、回転によって電力を発生させる技術を開発した。 これは静電気の一種である摩擦帯電現象を応用し … Read more