東京大学(The University of Tokyo)

富士通など、スーパーコンピュータ「富岳」とAIを活用した地域コミュニティ型避難の実証実験を実施

富士通など、スーパーコンピュータ「富岳」とAIを活用した地域コミュニティ型避難の実証実験を実施

数十年以内の発生が予測されている南海トラフ巨大地震などによる津波災害は、甚大な被害をもたらすことが想定されている。そのような津波から身を守るためには、適切な情報活用に基づく迅速な避難行動が必要となる。 近年のスーパーコン … Read more

NTT西日本・東京大学他6者、ネイチャーポジティブな環境再生型農業の実現に向けて農業のデジタルツインに関する研究を開始

NTT西日本・東京大学他6者、ネイチャーポジティブな環境再生型農業の実現に向けて農業のデジタルツインに関する研究を開始

現在の農業システムは、化学肥料・化学農薬を利用するケースが多く、土壌劣化・水質汚染・温室効果ガス発生など、地球規模での環境汚染を招いており、生物多様性に着目したネイチャーポジティブ(※1)な環境再生型農業に切り替えていく … Read more

東京大学・ソフトバンク・小田急電鉄・グリッド、デジタルツインを活用した「次世代AI都市シミュレーター」の研究開発を開始

東京大学・ソフトバンク・小田急電鉄・グリッド、デジタルツインを活用した「次世代AI都市シミュレーター」の研究開発を開始

オンラインでの消費活動の普及や、新型コロナウイルス感染症拡大に伴って生活様式が大きく変化する中、新たな都市づくりに向けて、スマートシティに関する取り組みが加速している。スマートシティの実現に当たっては、データの可視化や分 … Read more

東大・早大・富士通・日立、プライベートLTEやローカル5Gの利用促進に向けて無線周波数利用効率を向上する技術を開発

東大・早大・富士通・日立、プライベートLTEやローカル5Gの利用促進に向けて無線周波数利用効率を向上する技術を開発

製造現場のスマート化や設備メンテナンスの高度化などさまざまな分野でIoT活用が進む中、高精細映像や多数のセンサーデータを伝送するために高速かつ低遅延な通信を可能にするプライベートLTEやローカル5Gなどの利用が検討されて … Read more

ダイセル、AIを活用した「自律型生産システム」を開発

ダイセル、AIを活用した「自律型生産システム」を開発

株式会社ダイセルが2000年に確立させた「ダイセル式生産革新手法」は、プロセス型の生産形態において生産の視点からビジネスモデルを構築する手法である。予備調査・安定化・標準化・システム化の4つのステップで生産現場に導入し、 … Read more

東京大学・凸版印刷・パナソニックなど、データ駆動型社会の実現に向けて先端システム技術研究組合を設立

東京大学・凸版印刷・パナソニックなど、データ駆動型社会の実現に向けて「先端システム技術研究組合」を設立

DXの実現の鍵を握るのが、フィジカル空間(現実空間)とサイバー空間(仮想空間)をシームレスに繋ぐデータの活用である。すなわち、IoTデバイスでセンシングしたデータを5Gで集め、AIで高度な分析を加えてサービスとして提供す … Read more