東京大学(The University of Tokyo)

東京大学・凸版印刷・パナソニックなど、データ駆動型社会の実現に向けて先端システム技術研究組合を設立

東京大学・凸版印刷・パナソニックなど、データ駆動型社会の実現に向けて「先端システム技術研究組合」を設立

DXの実現の鍵を握るのが、フィジカル空間(現実空間)とサイバー空間(仮想空間)をシームレスに繋ぐデータの活用である。すなわち、IoTデバイスでセンシングしたデータを5Gで集め、AIで高度な分析を加えてサービスとして提供す … Read more

東京大学・ソフトバンク・ヤフー、新学術分野創造の達成に向けて「Beyond AI 研究推進機構」を設立

東京大学・ソフトバンク・ヤフー、新学術分野創造の達成に向けて「Beyond AI 研究推進機構」を設立

国立大学法人東京大学、ソフトバンク株式会社、ソフトバンクグループ株式会社およびヤフー株式会社は、AI研究機関として「Beyond AI 研究推進機構」を設立し、共同研究を開始した。 同研究推進機構は、共同研究開始に当たり … Read more

ソニー・東京大学ほか3社、IoA社会基盤の具現化に向けて「ヒューマンオーグメンテーション社会連携講座」を開始

ソニー・東京大学ほか3社、IoA社会基盤の具現化に向けて「ヒューマンオーグメンテーション社会連携講座」を開始

ソニー株式会社、凸版印刷株式会社、京セラ株式会社、株式会社ティアフォー、国立大学法人東京大学は、東京大学大学院情報学環に「ヒューマンオーグメンテーション社会連携講座」を2020年8月から2023年7月まで設置し、推進して … Read more

東大・OKI・三菱電機、5G/IoT本格普及に向けた光アクセスネットワークの仮想化制御試験に成功

東大・OKI・三菱電機、5G/IoT本格普及に向けた光アクセスネットワークの仮想化制御試験に成功

近年、各種センサーを使ったIoTサービス基盤や無線通信システムの開発が盛んに行われており、無線通信システムとしては、国内でも今春から5Gの商用サービスが開始され、2025年頃には本格普及する見込みだ。 一方、IoTサービ … Read more

NTTドコモと東京大学、装置や場所の制約を受けない複数人ビデオモーションキャプチャ技術を開発

モーションキャプチャとは、人物や機械などの実際の挙動を3次元計測できるシステムのことだ。 一般的にモーションキャプチャを行うためには特殊な装置やスーツが必要で、計測場所や利用シーンが限定されている。 近年では画像認識技術 … Read more

東京大学とソフトバンク、AIに特化した研究機関「Beyond AI 研究所」の設立に向けて協定を締結

東京大学とソフトバンク、AIに特化した研究機関「Beyond AI 研究所」の設立に向けて協定を締結

国立大学法人東京大学とソフトバンク株式会社は、東京大学と海外の大学の研究者を擁したAI研究機関になるための研究所「Beyond AI 研究所」の開設、および研究成果の事業化に向けた取り組みに関する協定を締結した。 この研 … Read more

富士通研究所、がんゲノム医療を効率化するAI技術を東大医科研と共同開発

富士通研究所、がんゲノム医療を効率化するAI技術を東大医科研と共同開発

がんゲノム医療では、がん患者の遺伝子変異を明らかにすることで、病気のなりやすさや、薬の反応性・副作用などを予測して、患者ごとに最適な医療を提供することを目的としている。日本では、2019年6月からがん遺伝子パネル検査が健 … Read more

日本データサイエンス研究所・佐川急便・東京大学、「AIと電力データを用いた不在配送問題の解消」で協働

日本データサイエンス研究所・佐川急便・東京大学、「AIと電力データを用いた不在配送問題の解消」で協働

国土交通省によると(※)、個人向け配送における「不在配送件数」は全宅配件数のおよそ2割を占め、走行距離の25%は再配達のために費やされているという。これは年間9万人の労働力に相当し、約1.8億時間が1年間の不在配達に費や … Read more