自動車

クルマとCASE

自動車業界におけるDXとは

現在、自動車業界は「CASE」と呼ばれる変化が同時に起きている。 CASEとは、Connected, Autonomous, Sharing, EVの略だ。

コネクテッド・カー(Connected Car)とは、クルマのIT化により、クルマ自体の快適性や安全性の向上が実現される。

クルマに付けられているセンサーと内部のネットワークにより実現できることだけでなく、クルマがクラウドと接続し、様々な情報サービスを受けることができる。

自動運転(Autonomous)は、最近話題になることが多いが、AI技術の進化によって、ヒトに代わってクルマを動かす技術のことだ。

自動運転にはレベルが規定されていて、現在ではまだ完全な自動運転の時代が到来してきたとは言えない状態だ。

また、シェアリング(Sharing)は、その名の通り一つのクルマを複数名で利用することで、カーシェアリングサービスと呼ばれるサービスも登場してきている。

カーシェアリングでは、スマートフォンアプリが提供され、シェアリングされているクルマの場所がわかるようになっている。そして、クルマを指定して借りれば利用者は乗った時間だけお金を払えばよい。

他にも、UBERに代表される、ライドシェアサービスでは、タクシーの相乗りサービスも実現できている。

エンジン駆動のクルマを作れないメーカーが、モーターと電池で動くクルマ(EV)をつくっている。そもそもエンジン駆動部分の技術レベルが高いドイツと日本の自動車メーカーが強い産業であったが、EVが主軸となることで、これまでのシェアが崩れる懸念がでてきている。

解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

東芝、車載カメラと慣性センサを用いた「自車両の動き推定AI」と「他車両の動き予測AI」を開発

東芝、車載カメラと慣性センサを用いた「自車両の動き推定AI」と「他車両の動き予測AI」を開発

近年、交通事故の防止や運転負荷の軽減を目的として、先進運転支援システム(ADAS)が搭載された自動車の販売台数が伸びるとともに、社会の自動運転に対する関心が日々高まっている。ADASや自動運転システムを搭載した世界の自動 … Read more

産総研と日立、移動体データ形式「MF-JSON形式」が地理空間情報の国際標準として採択

産総研と日立、移動体データ形式「MF-JSON形式」が地理空間情報の国際標準として採択

自動運転や防災、公衆衛生対策などでは、人や自動車などの位置情報(移動データ)を流通・共有することの重要性が広く認められているものの、統一されたデータ形式はなかったため異なるシステム間の相互連携に問題が生じていた。国際標準 … Read more

ソフトバンクなど、米国でコネクテッドカーを利用した道路インフラ事業に取り組む「i-Probe Inc.」を設立

ソフトバンクなど、米国でコネクテッドカーを利用した道路インフラ事業に取り組む「i-Probe Inc.」を設立

パシフィックコンサルタンツ株式会社(以下、PCKK)、株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル(以下、OCG)、ソフトバンク株式会社、の3社は、米国において、コネクテッドカーを利用した道路インフラメンテナンス事業を展 … Read more

街を変えたフィンランドのMaaSへの取り組み

街を変えたフィンランドのMaaSへの取り組み

フィンランドで行われた、MaaSへの取り組み。 単純な移動の最適化をしただけではなく、社会のあり方まで変えて行っています。 そこで、このフィンランドでの取り組みと、MaaSという言葉がわからないかたへの基本の解説を行いま … Read more