自動車

クルマとCASE

自動車業界におけるDXとは

現在、自動車業界は「CASE」と呼ばれる変化が同時に起きている。 CASEとは、Connected, Autonomous, Sharing, EVの略だ。

コネクテッド・カー(Connected Car)とは、クルマのIT化により、クルマ自体の快適性や安全性の向上が実現される。

クルマに付けられているセンサーと内部のネットワークにより実現できることだけでなく、クルマがクラウドと接続し、様々な情報サービスを受けることができる。

自動運転(Autonomous)は、最近話題になることが多いが、AI技術の進化によって、ヒトに代わってクルマを動かす技術のことだ。

自動運転にはレベルが規定されていて、現在ではまだ完全な自動運転の時代が到来してきたとは言えない状態だ。

また、シェアリング(Sharing)は、その名の通り一つのクルマを複数名で利用することで、カーシェアリングサービスと呼ばれるサービスも登場してきている。

カーシェアリングでは、スマートフォンアプリが提供され、シェアリングされているクルマの場所がわかるようになっている。そして、クルマを指定して借りれば利用者は乗った時間だけお金を払えばよい。

他にも、UBERに代表される、ライドシェアサービスでは、タクシーの相乗りサービスも実現できている。

エンジン駆動のクルマを作れないメーカーが、モーターと電池で動くクルマ(EV)をつくっている。そもそもエンジン駆動部分の技術レベルが高いドイツと日本の自動車メーカーが強い産業であったが、EVが主軸となることで、これまでのシェアが崩れる懸念がでてきている。

解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

MONET、デマンド型の乗合タクシー「愛タク」を群馬県富岡市で運行開始

MONET、デマンド型の乗合タクシー「愛タク」を群馬県富岡市で運行開始

群馬県富岡市では、運転免許証を自主返納した高齢者などの移動が困難な市民の移動手段を確保するために、一部の地域におけるデマンド型の乗合タクシーの導入やルートの見直しなどに取り組んできた。現在では、一部の地域を除いて路線定期 … Read more

住友ゴム、レベル4自動運転車のタイヤ空気圧をリモート監視するモニタリングシステムを構築

住友ゴム、レベル4自動運転車のタイヤ空気圧をリモート監視するモニタリングシステムを構築

タイヤの空気圧不足はパンクの原因の一つであるとともに、燃費や走行性能の低下にもつながることから、定期的なメンテナンスが重要である。また、自動運転の普及によるドライバーレス社会では、今まで以上にメンテナンスフリーやタイヤ状 … Read more

MoT・KDDI他3社、東京都「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を実施

MoT・KDDI他3社、東京都「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を実施

東京都では、2018年度から自動運転技術と先端的なICT技術などを組み合わせたビジネスモデルプロジェクトの支援を実施している。 株式会社Mobility Technologies(以下、MoT)、株式会社ティアフォー 、 … Read more

NEC、ドライブレコーダーとAIで道路の劣化状態を診断するサービス「くるみえ for Cities」を提供開始

NEC、ドライブレコーダーとAIで道路の劣化状態を診断するサービス「くるみえ for Cities」を提供開始

高度経済成長期に日本各地で整備された道路は老朽化が進んでおり、定期的な点検と適切なメンテナンスが欠かせない。一方、国内の道路の大半を占める県道や市町村道の点検は、熟練した職員が人手・目視によって行っているケースが多く、I … Read more

日産とインクリメントP、利用者の行動データの分析を元にした旅行提案サービス「トラベルトリガー」の実証実験を開始

日産とインクリメントP、利用者の行動データの分析を元にした旅行提案サービス「トラベルトリガー」の実証実験を開始

日産自動車株式会社とインクリメントP株式会社は協業して、利用者の行動データの分析を元にした旅行提案サービス「トラベルトリガー」の実証実験を開始した。 トラベルトリガーは、利用者の行動傾向や趣味嗜好に基づく旅行計画をスマー … Read more