DX(デジタルトランスフォーメーション)

DX(デジタルトランスフォーメーション)

単純な「デジタル化」と区別がつかない方も多いDXの概念だが、DXにはビジネスモデルを新たにしたり、ビジネスプロセスを変革する力がある。ここでは、その基本と事例について紹介する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

IoTによって現実世界の様々な出来事が、デジタル空間上にコピーすることができるようになってきた。デジタル空間上では、物理的制約がないため、様々な状況変化にたいして、未来がどうなるのかというシミューレーションが可能となる。

そして、DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル空間上でのシミューレーションの結果をリアルに反映することだと考えるとわかりやすい。

DXが求められる理由

90年代の経営戦略では、リアルの状態など取得するすべもなかったので、トップダウンでビジョンを作り、それを実現するためのビジネスプロセスを考え、BPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)として現場に落とし込もうとしていた。

しかし、こういったアプローチは、競合が誰なのか、市場はどう形成されているか、などが単純でわかりやすい時代はよかった。

現在のように複雑な社会で、デジタル技術を駆使した企業がどんどん既存産業に入り込んでくる状況では、不確実性が高すぎて、ヒトがイメージすることが現実的ではなくなってきている。

そこで、現実世界で起きていることをすべてデジタル空間上にコピーし、いろんな状況をシミューレションすることで、自社の方向性を見極め、細かな変化にも対応していく備えをすることが必須となるのだ。

DXへの課題と今後

現状では、まだ、DX(デジタルトランスフォーメーション)が実現できている企業がすくないのは、デジタルネイティブな新興企業にしかこういった考え方が浸透していないからかもしれない。 しかし、そういった企業に駆逐された企業がその理由を研究していて、経営そのものが古いことに気づきだしているという状態でもある。

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、デジタル化ではない、企業全体をデジタルネイティブに生まれ変わらせることであり、簡単なことではないが、実現できないとデジタルネイティブ企業に駆逐される産業分野は今以上に増えるだろう。

DXの基本と事例

DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する上で必要な基本と事例を紹介する。

DXの基本

DX(デジタルトランスフォーメーション)の基本的な理解を進めるうえで必要な記事は以下の記事だ。

国内外のDX事例

DXの世界・日本での取り組みや成功事例を紹介する。

DXインサイト

DXに関するインサイト記事を紹介する。

DXレポートより

経済産業省が発行するDXレポートの解説記事を以下に紹介する。

DX解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

NSW、車両など移動体の位置情報を活用したMaaSプラットフォームを提供開始

NSW、車両など移動体の位置情報を活用したMaaSプラットフォームを提供開始

日本システムウエア株式会社(以下、NSW)は、モビリティ機器や利用者の動態情報をリアルタイムに地図上で管理/確認することができる「NSW-MaaSプラットフォーム」の提供を開始した。 同プラットフォームは、移動体の位置情 … Read more

NTTデータ・Snowflake・Qlik、企業内外の分散データをリアルタイムに統合・蓄積・分析するデータ活用サービスを提供開始

NTTデータ・Snowflake・Qlik、企業内外の分散データをリアルタイムに統合・蓄積・分析するデータ活用サービスを提供開始

近年、企業でのDX推進やデータ利活用の取り組みが注目されている中で、ユーザーが求めるデータの粒度が細かく(明細単位)なり、かつリアルタイムでデータを処理することが求められている。 株式会社NTTデータとSnowflake … Read more

シュナイダーエレクトリック、エッジデバイスにも対応可能な産業用コンピューターシリーズ「PS6000シリーズ」を発売

シュナイダーエレクトリック、エッジデバイスにも対応可能な産業用コンピューターシリーズ「PS6000シリーズ」を発売

あらゆる業界でDX推進のパラダイムシフトが起こった2020年、製造現場でもこれまで以上にIoT・リモート監視のためのデジタル化の必要性が高まっている。 シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社は、プログラマブル … Read more

NTT Comのインターコネクトサービス「Flexible InterConnect」、「Oracle Cloud Infrastructure」他2サービスも接続可能に

NTT Comのインターコネクトサービス「Flexible InterConnect」、「Oracle Cloud Infrastructure」他2サービスも接続可能に

ニューノーマルの社会で起きている急激な変化に適応するため、企業のICTにおいては分散化した業務環境への対応や、スピーディーな業務プロセスの変更ができる環境の整備が課題となっている。また、これらの整備を、高度化するセキュリ … Read more

経産省、DXの加速に向けた研究会の中間報告書「DXレポート2(中間取りまとめ)」を公表

経産省、DXの加速に向けた研究会の中間報告書「DXレポート2(中間取りまとめ)」を公表

経済産業省では、2018年9月に「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」を公表して以降、DX推進ガイドラインやDX推進指標を公開し、我が国企業のDXの推進に資する施策を展開してきた。 … Read more

コネクトデータ、社内外のデータを集約してデータの民主化をサポートするデータ共有プラットフォームサービス「delika」を公開

コネクトデータ、社内外のデータを集約してデータの民主化をサポートするデータ共有プラットフォームサービス「delika」を公開

DXを成功させるカギは、組織のあらゆるメンバーが各々データにアクセスできるようにする「データの民主化」である。顧客や商品などのビジネスデータ、あるいは統計情報などの外部データは、経営、企画、マーケティング、営業、開発とい … Read more

日立と静岡銀行、次世代オープン勘定系システムを稼働開始

日立と静岡銀行、次世代オープン勘定系システムを稼働開始

株式会社日立製作所(以下、日立)と株式会社静岡銀行は、静岡銀行の次世代オープン勘定系システムを共同開発し、稼働を開始した。 同システムは、Linuxベースのオープン基盤上で稼働する勘定系システムで、日立と静岡銀行が共同で … Read more

経営共創基盤、地方創生に向けた投資・事業経営会社「株式会社日本共創プラットフォーム」を設立

経営共創基盤、地方創生に向けた投資・事業経営会社「株式会社日本共創プラットフォーム」を設立

GDPの7割、雇用の8割を構成する我が国の基幹産業であるサービス産業を中心とした地域密着型の産業群で構成されるローカル経済圏は、労働生産性の課題や事業承継等の問題を抱えている。また、かつて地域経済を支えていた製造業におい … Read more