DX(デジタルトランスフォーメーション)

DX(デジタルトランスフォーメーション)

単純な「デジタル化」と区別がつかない方も多いDXの概念だが、DXにはビジネスモデルを新たにしたり、ビジネスプロセスを変革する力がある。ここでは、その基本と事例について紹介する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

IoTによって現実世界の様々な出来事が、デジタル空間上にコピーすることができるようになってきた。デジタル空間上では、物理的制約がないため、様々な状況変化にたいして、未来がどうなるのかというシミューレーションが可能となる。

そして、DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル空間上でのシミューレーションの結果をリアルに反映することだと考えるとわかりやすい。

DXが求められる理由

90年代の経営戦略では、リアルの状態など取得するすべもなかったので、トップダウンでビジョンを作り、それを実現するためのビジネスプロセスを考え、BPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)として現場に落とし込もうとしていた。

しかし、こういったアプローチは、競合が誰なのか、市場はどう形成されているか、などが単純でわかりやすい時代はよかった。

現在のように複雑な社会で、デジタル技術を駆使した企業がどんどん既存産業に入り込んでくる状況では、不確実性が高すぎて、ヒトがイメージすることが現実的ではなくなってきている。

そこで、現実世界で起きていることをすべてデジタル空間上にコピーし、いろんな状況をシミューレションすることで、自社の方向性を見極め、細かな変化にも対応していく備えをすることが必須となるのだ。

DXへの課題と今後

現状では、まだ、DX(デジタルトランスフォーメーション)が実現できている企業がすくないのは、デジタルネイティブな新興企業にしかこういった考え方が浸透していないからかもしれない。 しかし、そういった企業に駆逐された企業がその理由を研究していて、経営そのものが古いことに気づきだしているという状態でもある。

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、デジタル化ではない、企業全体をデジタルネイティブに生まれ変わらせることであり、簡単なことではないが、実現できないとデジタルネイティブ企業に駆逐される産業分野は今以上に増えるだろう。

DXの基本と事例

DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する上で必要な基本と事例を紹介する。

DXの基本

DX(デジタルトランスフォーメーション)の基本的な理解を進めるうえで必要な記事は以下の記事だ。

国内外のDX事例

DXの世界・日本での取り組みや成功事例を紹介する。

DXインサイト

DXに関するインサイト記事を紹介する。

DXレポートより

経済産業省が発行するDXレポートの解説記事を以下に紹介する。

DX解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

NTT Com、マルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境におけるオペレーション品質の向上を実現する「X Managed Platform」の実証実験を開始

NTT Com、マルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境におけるオペレーション品質の向上を実現する「X Managed Platform」の実証実験を開始

マルチクラウド・ハイブリッドクラウドの導入が進み、企業のシステム環境は今まで以上に複雑化している。特に監視・運用においては、システム単位で監視・運用ツールが乱立した結果、システム横断のオペレーションが困難となりトラブル発 … Read more

富士通、顧客のDX加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始

富士通、顧客のDX加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始

ローカル5Gや自営BWA(Broadband Wireless Access)などの自営無線システムを導入するには、ワイヤレス技術に加えて、現場の多様なデバイスからデータを収集・処理するIoT技術など、高度な専門知識と導 … Read more

富士通・ファナック・NTT Com、製造業のDXを実現するクラウドサービスを提供する新会社「株式会社DUCNET」を設立

富士通・ファナック・NTT Com、製造業のDXを実現するクラウドサービスを提供する新会社「株式会社DUCNET」を設立

インダストリー4.0やSociety5.0といった潮流に加え、新型コロナウイルス感染拡大によって不確実性が増大する状況において、製造業各社はグローバルでの競争力やレジリエンスの強化が急務となっており、デジタル技術を活用し … Read more

日立、現場でのデジタル化機能を強化したモバイルシステムプラットフォーム「快作モバイル+ Ver.3」を販売開始

日立、現場でのデジタル化機能を強化したモバイルシステムプラットフォーム「快作モバイル+ Ver.3」を販売開始

近年、少子高齢化に伴う労働人口減少、育児や介護との両立など、働き方のニーズの多様化といった社会課題に直面し、多様な働き方を選択できる社会の実現をめざす「働き方改革」に国を挙げて取り組んでいる。一方、ニューノーマルでの事業 … Read more

三井情報、産業IoTの時系列データを収集・蓄積・可視化する「IoTプラットフォーム構築支援サービス on AWS」を提供開始

三井情報、産業IoTの時系列データを収集・蓄積・可視化する「IoTプラットフォーム構築支援サービス on AWS」を提供開始

昨今、製造業界では感染症の世界的大流行に伴う不確実性の高い状況下で、デジタル化による「企業変革力(ダイナミック・ケイパビリティ)の強化」が求められている。製造現場におけるデジタル化にはデータ利活用が不可欠となり、それを支 … Read more

NTTデータとSnowflakeが資本業務提携、データ活用プラットフォームを強化して組織のデータドリブン化を加速

NTTデータとSnowflakeが資本業務提携、データ活用プラットフォームを強化して組織のデータドリブン化を加速

株式会社NTTデータとSnowflake Inc.は、2020年2月にソリューションパートナー契約を締結し、Snowflakeの顧客導入を進めてきた。 そしてこのほど、Snowflakeビジネスの国内外での拡大に向けて資 … Read more

ブレインズテクノロジー、異常検知ソリューション「Impulse」にAI分析・運用のノウハウを搭載した新バージョンをリリース

ブレインズテクノロジー、異常検知ソリューション「Impulse」にAI分析・運用のノウハウを搭載した新バージョンをリリース

近年、企業変革力を強化しようとするDXの潮流により、中核を担うAI分析も限定された課題に対する取組みから、社内のあらゆる課題を解決しようとする取組みへと広がりを見せている。 ブレインズテクノロジー株式会社は、AI分析・運 … Read more

富士通、自動車ビッグデータの活用を加速する車載カメラ映像解析プラットフォーム「Digital Twin Analyzer」を販売開始

富士通、自動車ビッグデータの活用を加速する車載カメラ映像解析プラットフォーム「Digital Twin Analyzer」を販売開始

近い将来、コネクテッドカーが爆発的に増加し、走るセンサーである車両から集まったCAN(※)データやドライブレコーダー映像など様々なデータを活用することで、自動車の開発のほか、交通監視や地図、保険といった様々なモビリティサ … Read more

NTT Com、インターコネクトサービス「Flexible InterConnect」とSAPのマネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」が接続開始

NTT Com、インターコネクトサービス「Flexible InterConnect」とSAPのマネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」が接続開始

経済産業省のDXに関するレポートで問題提起されたことで話題となった、いわゆる「2025年の崖」の主たる要因は、長年使われ続けてきた基幹システムの維持運用に費やされるコストや人的リソースとされている。 現在、崖を回避するた … Read more

KDDI、健康・医療のDX推進を目的とした健康管理アプリ「ポケットヘルスケア」を開発

KDDI、健康・医療のDX推進を目的とした健康管理アプリ「ポケットヘルスケア」を開発

日本の平均寿命は、医療介護分野の技術革新などにより、男女ともに過去最高を更新し続けている。人生100年時代が現実的なものとなるなかで、一人ひとりの健康を支える環境づくりの必要性がますます高まっている。 しかし、新型コロナ … Read more