ロジスティクス

物流倉庫 ロジスティクス

倉庫と運輸の両面でのデジタル活用が進むロジスティクスの世界。ヒトが行う作業が多いからこそ、人手不足に対応したソリューションが求めらえる一方で、抜本的なビジネスプロセス全体の最適化は難しいといわれる。ここでは、スマートロジスティクスの基本と事例について紹介する。

スマートロジスティクスとは

スマートロジスティクスは、主に「倉庫の管理」を行うためのものと、「輸送網を効率」的に行うものとに分かれる。

倉庫の管理を行うものとしては、ロボットや自動搬送機などを活用したもの、AVGと呼ばれる荷棚を動かすもの、ヒトによるピッキング作業を効率化し、ミスを少なくするもの、自動走行する搬送用機械(フォークリフトなども含む)、倉庫の設計システムやVR/ARなど、多岐にわたる。

また、輸送網については、トラックの自動走行や、トラックの状態管理、ドライバーの状態管理や、ラストワンマイルを解決するためのドローンなど、多くのテーマについて考える必要がある。

しかし、荷主や荷受け、倉庫管理者、物流業者などの様々なステークフォルダーが一つのモノを運ぶ役割を担っている現状、ビジネスプロセス全体を最適化し、人不足にも対応した、安価なロジスティクスを実現することは簡単ではない。

B2Cのロジスティクスにおいては、ECサイトの台頭で、荷物が飛躍的に増えている昨今、ビジネスプロセス横ぐしでの効率化が必須となる。

記事一覧

ゼンリン、AI自動配車と住宅地図データを活用して運送・配送業務の効率化を支援するサービスを提供開始

ゼンリン、AI自動配車と住宅地図データを活用して運送・配送業務の効率化を支援するサービスを提供開始

株式会社ゼンリンと株式会社ゼンリンデータコムは、運送・配送業務の効率化を支援する「ZENRIN ロジスティクスサービス」の提供を開始する。 同サービスは、AIによる配車計画から、ゼンリンの住宅地図データを活用したルート案 … Read more

MagicalMove、自動走行ロボットと連携可能な配送管理サービス「Scalle」を提供開始

MagicalMove、自動走行ロボットと連携可能な配送管理サービス「Scalle」を提供開始

物流業界では、近年の労働人口の減少によるドライバー不足に加え、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で宅配需要や非対面での受け渡しニーズが高まり、ロボットを活用した配送業務の自動化および効率化が注目されている。 ソフトバンク … Read more

ソフトバンク、IoT宅配ボックスサービスの事業化に向けて実証実験を実施

ソフトバンク、IoT宅配ボックスサービスの事業化に向けて実証実験を実施

近年、物流業界では労働人口の減少により配達員が不足する一方で、ECの拡大により宅配便の取扱個数が増加し、高い再配達率が深刻な課題となっている。また、新型コロナウイルスの影響拡大を受けて非対面での受け取りニーズが高まる中で … Read more

IoTNEWS_MUJIN001

MUJIN、物流倉庫の完全自動化を促進するロボットセンターを公開

今年で創業9年を迎える株式会社MUJIN、昨年9月に物流センターが集まる辰巳に本社を移転させた。新本社は従前の社屋の役8.5倍、延床面積1万4000㎡を超え、知能ロボット実機によるデモンストレーションを見学できる「MUJ … Read more

経産省、物流MaaSの実現に向けたトラックデータ連携の仕組み確立に取り組む事業者等を選定

経産省、物流MaaSの実現に向けたトラックデータ連携の仕組み確立に取り組む事業者等を選定

経済産業省では、慢性的な需要過多・人手不足などの物流業界を取り巻く現状と課題を踏まえ、物流分野における新しいモビリティサービス(物流MaaS)の実現に向けた活動に取り組んでいる。 2019年度には有識者や商用車メーカー、 … Read more

スマートドライブとモノフル、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する「着タイム」を共同開発

スマートドライブとモノフル、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する「着タイム」を共同開発

モビリティデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブとロジスティクス・エコシステムを推進する株式会社モノフルは、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する機能「着タイム」を共同開発し、新たなサービ … Read more

JR貨物・JR東日本コンサルタンツ・KDDI、貨物列車の安全性向上のためIoTを活用した「手ブレーキ検知システム」を全コンテナ車に導入

JR貨物・JR東日本コンサルタンツ・KDDI、貨物列車の安全性向上のための「手ブレーキ検知システム」を共同開発しJR貨物が保有する全コンテナ車に導入

日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)では、貨物駅構内の作業として、列車が発車する前に担当社員がコンテナ車の手ブレーキを都度確認して手動解除している。万が一、手ブレーキの解除漏れが発生すると、車両の引きずりなどの事象が発 … Read more