オフィス・ビル・店舗

スマートオフィス・ビル・店舗

施設自体だけでなく、施設の中のヒトやモノを最適化する動きが進んでいる。これまでの施設保守の枠を超えて、施設の中にいるヒトがより快適になり、そこで行われる経済活動をよりよくするための取り組みをここでは紹介する。

スマートオフィス・ビル・店舗とは

働き方改革の影響もあってか、オフィス環境のスマート化が進んでいる。会議室やトイレの空き状況管理や、在席状況の可視化、セキュリティ管理など、様々な面でのスマート化が進んでいる。

一方で、必要な場所だけ電気を点灯したり、空調を調整したり、するような取り組みはビル全体のスマート化が必要となる。ビルに設置されたジェネレータやエレベータなどの設備状態の管理は以前から行われていたが、ネットワーク化することで細かな状態を集中管理する取り組みが進みつつある。

また、店舗では、顧客の導線調査や混雑状態の可視化といったこれまで実現できなかったインストアマーケティング情報の取得や、顧客のフリクション(摩擦)を極小化するための取り組み、CRMを実現する取り組みなど、様々な取り組みが始まっている。

記事一覧

NTTデータとダイエー、レジを通さずにキャッシュレス決済が可能な「ウォークスルー店舗」をオープン

NTTデータとダイエー、レジを通さずにキャッシュレス決済が可能な「ウォークスルー店舗」をオープン

少子高齢化が進む中、国内では労働力不足が社会問題となっており、特に労働集約型産業である流通・サービス業ではデジタル技術を駆使した業務効率化の推進が業界全体で不可欠となっている。また、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて消 … Read more

ソフトバンク、会議室等の企業間シェアリングやビル設備のスマートフォン連携を実現するサービスを提供開始

ソフトバンク、会議室等の企業間シェアリングやビル設備のスマートフォン連携を実現するサービスを提供開始

近年、働き方改革や新型コロナウイルス感染症対策に伴うテレワークの普及により、オフィスを選ぶ際の指標として、広さや立地に加えて、快適性や多様な働き方を実現する環境などが重要視されている。 ソフトバンク株式会社は、会議室やデ … Read more