オフィス・ビル・店舗

スマートオフィス・ビル・店舗

施設自体だけでなく、施設の中のヒトやモノを最適化する動きが進んでいる。これまでの施設保守の枠を超えて、施設の中にいるヒトがより快適になり、そこで行われる経済活動をよりよくするための取り組みをここでは紹介する。

スマートオフィス・ビル・店舗とは

働き方改革の影響もあってか、オフィス環境のスマート化が進んでいる。会議室やトイレの空き状況管理や、在席状況の可視化、セキュリティ管理など、様々な面でのスマート化が進んでいる。

一方で、必要な場所だけ電気を点灯したり、空調を調整したり、するような取り組みはビル全体のスマート化が必要となる。ビルに設置されたジェネレータやエレベータなどの設備状態の管理は以前から行われていたが、ネットワーク化することで細かな状態を集中管理する取り組みが進みつつある。

また、店舗では、顧客の導線調査や混雑状態の可視化といったこれまで実現できなかったインストアマーケティング情報の取得や、顧客のフリクション(摩擦)を極小化するための取り組み、CRMを実現する取り組みなど、様々な取り組みが始まっている。

記事一覧

「買い物をしなかった」お客様までを把握する、次世代の来店顧客分析マーケティングシステム「LYKAON」がリリース

「買い物をしなかった」来店客までを把握する、次世代の来店顧客分析マーケティングシステム「LYKAON」がリリース

来店客の顔情報から年齢や性別を推定し「男性・32歳」といった文字情報に置き換えて、サーバー上に蓄積。購買者層だけでなく、購入に至らなかった来店客へ次回のアプローチにつながる施策を打ち立てる。 顔認証技術を利用したソリュー … Read more

来店客の行動がマーケティングデータに。加速度センサー付きキーホルダー型Beacon「テニトル」

来店客の行動がマーケティングデータに。加速度センサー付きキーホルダー型Beacon「テニトル」

株式会社ACCESSと、株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズは、加速度センサー付きキーホルダー型Beacon(ビーコン)を活用した、店舗向けの新しい商品マーケティングツールとして、SMCのクラウド型サイネージ … Read more