農業

スマート農業・漁業

スマート農業・漁業とは

農業や漁業などの第一次産業は、伝統的なノウハウに基づいて営んでいる場合が多く、手法や種苗の品種改良、養殖技術などは発展してきている。

そこで、農業や漁業のIoTにおいて、土中や水中の温度を測定したり、ドローンを飛ばして作物の生育状態を認識するなど、一見すると良さそうなソリューションが散見されたが、現実問題どこまで正確に情報が取得できるのか、産業として役立つのかという視点で見られるケースが増えてきた。

また、食物廃棄や、適切な流通経路の確保、多くの人口が密集する都市のスーパーなどでの安定した供給を実現すること、六次産業化など、別の課題が顕在化してきている。

今後、農業や漁業における生産分野だけの技術を超えて、流通や社会問題への対応も要求されだしている。

記事一覧

東京工業大学・信州大学・ISID他3社、放牧牛を担保とするABLにおけるAIモニタリングシステム「PETER」の有効性検証を開始

東京工業大学・信州大学・ISID他3社、放牧牛を担保とするABLにおけるAIモニタリングシステム「PETER」の有効性検証を開始

畜産物を担保とするABL(※)は、畜産経営への貢献に資するものとして注目されている。一方、流動資産が放牧を取り入れた畜産を対象とする場合、融資に必要となる個体数の確認や個体ごとの状況把握に時間やコストがかかるという課題が … Read more

NTT西日本グループ・愛媛大学・青空、ドローン・AIなどを活用した農作物生産コントロールの共同実証実験を開始

NTT西日本グループ・愛媛大学・青空、ドローン・AIなどを活用した農作物生産コントロールの共同実証実験を開始

国内農業は農業就業人口・農家数の減少に伴い、少数の大規模農家が多数の圃場を管理する形態へと構造変化が進んでいる。複数の圃場からなる広大な耕作エリアを抱えると、エリアごとの条件差を踏まえたきめ細やかな栽培管理を行うことが難 … Read more

ヤンマーアグリ、スマート農業へ向け収穫量のバラつきを見える化する「収穫量マッピング」機能のオプション提供を開始

ヤンマーアグリ、スマート農業へ向け収穫量のバラつきを見える化する「収穫量マッピング」機能のオプション提供を開始

近年、農地の集約化により、担い手農家1戸当たりの作業面積が拡大する傾向にあり、ほ場間、ほ場内の管理がますます困難になっている。 そうした中ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリ株式会社は、収穫 … Read more