農業

スマート農業・漁業

スマート農業・漁業とは

農業や漁業などの第一次産業は、伝統的なノウハウに基づいて営んでいる場合が多く、手法や種苗の品種改良、養殖技術などは発展してきている。

そこで、農業や漁業のIoTにおいて、土中や水中の温度を測定したり、ドローンを飛ばして作物の生育状態を認識するなど、一見すると良さそうなソリューションが散見されたが、現実問題どこまで正確に情報が取得できるのか、産業として役立つのかという視点で見られるケースが増えてきた。

また、食物廃棄や、適切な流通経路の確保、多くの人口が密集する都市のスーパーなどでの安定した供給を実現すること、六次産業化など、別の課題が顕在化してきている。

今後、農業や漁業における生産分野だけの技術を超えて、流通や社会問題への対応も要求されだしている。

記事一覧

凸版印刷とALSOK、ZETAを用いた罠の遠隔リアルタイム監視システムによる鳥獣被害対策支援サービスの実証実験を開始

凸版印刷とALSOK、ZETAを用いた罠の遠隔リアルタイム監視システムによる鳥獣被害対策支援サービスの実証実験を開始

野生鳥獣による農作物被害や人間の居住地域への出没被害が全国で問題となっており、とりわけイノシシによる被害は東北エリアで急速に広がっている。一方で、地元猟友会員の高齢化が進み、設置した罠の日々の見廻り作業が狩猟者にとって負 … Read more