農業

スマート農業・漁業

スマート農業・漁業とは

農業や漁業などの第一次産業は、伝統的なノウハウに基づいて営んでいる場合が多く、手法や種苗の品種改良、養殖技術などは発展してきている。

そこで、農業や漁業のIoTにおいて、土中や水中の温度を測定したり、ドローンを飛ばして作物の生育状態を認識するなど、一見すると良さそうなソリューションが散見されたが、現実問題どこまで正確に情報が取得できるのか、産業として役立つのかという視点で見られるケースが増えてきた。

また、食物廃棄や、適切な流通経路の確保、多くの人口が密集する都市のスーパーなどでの安定した供給を実現すること、六次産業化など、別の課題が顕在化してきている。

今後、農業や漁業における生産分野だけの技術を超えて、流通や社会問題への対応も要求されだしている。

記事一覧

農研機構・立命館大学・デンソー、自動果実収穫ロボットのプロトタイプを開発

農研機構・立命館大学・デンソー、自動果実収穫ロボットのプロトタイプを開発

現在、日本の果樹生産者の年齢構成は60歳代が最多となっており、今後さらなる高齢化が危惧されている。このような状況を打破するため、少ない人手で産地を維持できる画期的な省力生産技術、また、若い生産者の関心を引く魅力ある果樹生 … Read more

凸版印刷とALSOK、ZETAを用いた罠の遠隔リアルタイム監視システムによる鳥獣被害対策支援サービスの実証実験を開始

凸版印刷とALSOK、ZETAを用いた罠の遠隔リアルタイム監視システムによる鳥獣被害対策支援サービスの実証実験を開始

野生鳥獣による農作物被害や人間の居住地域への出没被害が全国で問題となっており、とりわけイノシシによる被害は東北エリアで急速に広がっている。一方で、地元猟友会員の高齢化が進み、設置した罠の日々の見廻り作業が狩猟者にとって負 … Read more

NTT東日本と山梨県、自営無線ネットワークを活用した地域版スマートシティの社会実装に向けた取り組みを開始

NTT東日本と山梨県、自営無線ネットワークを活用した地域版スマートシティの社会実装に向けた取り組みを開始

ブドウやモモ等の果樹農業を基幹産業とする山梨市とICTなどを活用した地域活性化に取り組む東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)は、2017年から多様なパートナーと協働のうえ、儲かる農業や持続可能な社会の実現をめざす … Read more

IIJ、農業農村のスマート化に向けてスマート農業を推進する実証プロジェクトにLoRaWAN製品群を提供

IIJ、農業農村のスマート化に向けてスマート農業を推進する実証プロジェクトにLoRaWAN製品群を提供

北海道新十津川町は道内有数の米どころで、主食用米の作付け率が高く家族経営が主体である点を特徴とする農業地域である。町独自のスマート農業支援施策も含め、プロ農家の優れた技術をデータ化し若く経験の浅い担い手でも活躍できるデー … Read more

NTT東日本と帯広畜産大学、持続可能なスマート農畜産業モデルの実現に向けた連携協定を締結

NTT東日本と帯広畜産大学、持続可能なスマート農畜産業モデルの実現に向けた連携協定を締結

北海道における農畜産業に携わる人口は年々減少・高齢化し、農地の大規模化や一農家当たりの家畜の飼養頭数の増加など、労働環境は過酷化しており、加えて、生産性の維持拡大、農業技術の伝承等の経営課題も多数抱えている。 これら課題 … Read more