農業

スマート農業・漁業

スマート農業・漁業とは

農業や漁業などの第一次産業は、伝統的なノウハウに基づいて営んでいる場合が多く、手法や種苗の品種改良、養殖技術などは発展してきている。

そこで、農業や漁業のIoTにおいて、土中や水中の温度を測定したり、ドローンを飛ばして作物の生育状態を認識するなど、一見すると良さそうなソリューションが散見されたが、現実問題どこまで正確に情報が取得できるのか、産業として役立つのかという視点で見られるケースが増えてきた。

また、食物廃棄や、適切な流通経路の確保、多くの人口が密集する都市のスーパーなどでの安定した供給を実現すること、六次産業化など、別の課題が顕在化してきている。

今後、農業や漁業における生産分野だけの技術を超えて、流通や社会問題への対応も要求されだしている。

記事一覧

PSソリューションズ「第1回 農業IoTアワード」開催、IoTで1粒1,000円のいちごを生産するGRAがグランプリ受賞

PSソリューションズ「第1回 農業IoTアワード」開催、IoTで1粒1,000円のいちごを生産するGRAがグランプリ受賞

ソフトバンクグループのPSソリューションズ株式会社は、「第1回 農業IoTアワード」の最終選考会を実施した。 「第1回 農業IoTアワード」は、日本国内の団体・組織・企業・個人を対象に、「農作物栽培において、IT/ICT … Read more

ファームノート、農業でのAI研究開発・事業基盤強化のため総額5億円の資金調達を実施

ファームノート、農業でのAI研究開発・事業基盤強化のため総額5億円の資金調達を実施

酪農・畜産向けIoTソリューションを提供する株式会社ファームノートホールディングス(以下、ファームノート)は、株式会社産業革新機構(以下、INCJ)、全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)、農林中央金庫(以下、農林中金 … Read more

佐賀県、佐賀大学、佐賀県有明海漁協、 農林中央金庫、NTTドコモ、オプティム、 第4次産業革命型水産業の実現に向け、 ノリ養殖業におけるIoT/AI/Robotの活用を行う 6者間連携協定を締結

佐賀県、農林中央金庫、NTTドコモら、 第4次産業革命型水産業の実現に向け、 ノリ養殖業におけるIoT/AI/Robotの活用を行う 6者間連携協定を締結

佐賀県農林水産部、国立大学法人佐賀大学農学部、佐賀県有明海漁業協同組合協、農林中央金庫、株式会社NTTドコモおよび株式会社オプティムは、佐賀有明海域における主要産業である「ノリ養殖」におけるIoT/AI/Robotの活用 … Read more

セラクの農業IoTサービス「みどりクラウド」、露地栽培・大規模施設でも利用可能な高機能モデルを販売開始

セラクの農業IoTサービス「みどりクラウド」、露地栽培・大規模施設でも利用可能な高機能モデルを販売開始

株式会社セラクは、農業IoTサービス「みどりクラウド」のデータ収集端末である「みどりボックス」において、新たに露地栽培や大規模施設にて利用可能となる高機能版「みどりボックスPRO」の販売を開始した。基本構成の価格は128 … Read more

オイシックスがスマート農業に参入、ルートレック・ネットワークスと事業資本提携

オイシックスがスマート農業に参入、ルートレック・ネットワークスと事業資本提携

​オイシックス株式会社は、本年10月に立ち上げたフードテック関連への投資・提携を行う専門に行う投資部門「フードテックファンド」の第1号案件として、アグリテックベンチャーであるルートレック・ネットワークスと事業資本提携を行 … Read more