農業

スマート農業・漁業

スマート農業・漁業とは

農業や漁業などの第一次産業は、伝統的なノウハウに基づいて営んでいる場合が多く、手法や種苗の品種改良、養殖技術などは発展してきている。

そこで、農業や漁業のIoTにおいて、土中や水中の温度を測定したり、ドローンを飛ばして作物の生育状態を認識するなど、一見すると良さそうなソリューションが散見されたが、現実問題どこまで正確に情報が取得できるのか、産業として役立つのかという視点で見られるケースが増えてきた。

また、食物廃棄や、適切な流通経路の確保、多くの人口が密集する都市のスーパーなどでの安定した供給を実現すること、六次産業化など、別の課題が顕在化してきている。

今後、農業や漁業における生産分野だけの技術を超えて、流通や社会問題への対応も要求されだしている。

記事一覧

広島での1次産業の課題解決を全国へ AaaSの構築とスパイラル上の進化 ―エネコム 武田氏、金森氏インタビュー

広島での1次産業の課題解決を全国へ AaaSの構築とスパイラル上の進化 ―エネコム 武田氏、金森氏インタビュー

広島に本社を置き、通信回線やデータセンターなど情報通信サービスを提供するエネルギア・コミュニケーションズ(以下、エネコム)は、地域の課題解決を実現する新たな事業創造へ向け、様々な取り組みを行っている。 特に1次産業に焦点 … Read more

NTT西日本・東京大学他6者、ネイチャーポジティブな環境再生型農業の実現に向けて農業のデジタルツインに関する研究を開始

NTT西日本・東京大学他6者、ネイチャーポジティブな環境再生型農業の実現に向けて農業のデジタルツインに関する研究を開始

現在の農業システムは、化学肥料・化学農薬を利用するケースが多く、土壌劣化・水質汚染・温室効果ガス発生など、地球規模での環境汚染を招いており、生物多様性に着目したネイチャーポジティブ(※1)な環境再生型農業に切り替えていく … Read more

NTT東日本、IoT向けWi-Fi規格「IEEE802.11ah」を活用して「スマート畜産」の普及に向けた無線通信環境の構築実証実験を開始

NTT東日本、IoT向けWi-Fi規格「IEEE802.11ah」を活用して「スマート畜産」の普及に向けた無線通信環境の構築実証実験を開始

近年の畜産経営は、配合飼料価格や生産資材等の価格の上昇、生産管理を担う労働力不足、後継者確保問題など、経営を取り巻く環境は依然厳しい状況にある。国産の牛豚肉・生乳に対する購買ニーズの高まりから、飼養規模拡大の経営意欲も高 … Read more

損害保険ジャパン他2社、農作物の気象リスク検知AIサービスと予兆保険の社会実装に向けた検証とパートナー募集を発表

損害保険ジャパン他2社、農作物の気象リスク検知AIサービスと予兆保険の社会実装に向けた検証とパートナー募集を発表

近年、自然環境の下で行われる農業はリスクが大きく、農作物の収量や品質、価格は不安定だ。一方、中食・外食産業の発展に伴い、業務用農作物の重要性が増し、フードチェーンの安定化が望まれているという。 そうした中、損害保険ジャパ … Read more