農業

スマート農業・漁業

スマート農業・漁業とは

農業や漁業などの第一次産業は、伝統的なノウハウに基づいて営んでいる場合が多く、手法や種苗の品種改良、養殖技術などは発展してきている。

そこで、農業や漁業のIoTにおいて、土中や水中の温度を測定したり、ドローンを飛ばして作物の生育状態を認識するなど、一見すると良さそうなソリューションが散見されたが、現実問題どこまで正確に情報が取得できるのか、産業として役立つのかという視点で見られるケースが増えてきた。

また、食物廃棄や、適切な流通経路の確保、多くの人口が密集する都市のスーパーなどでの安定した供給を実現すること、六次産業化など、別の課題が顕在化してきている。

今後、農業や漁業における生産分野だけの技術を超えて、流通や社会問題への対応も要求されだしている。

記事一覧

NTT・ドコモ・静岡大学、暗号技術とAIを活用した高品質野菜の栽培実験を「畑アシスト」で開始

NTT・ドコモ・静岡大学、暗号技術とAIを活用した高品質野菜の栽培実験を「畑アシスト」で開始

農業従事者の減少や高齢化が進む昨今、生産性の向上や高水準な栽培技術の継承を見据えて、ドローンやロボット技術、情報通信技術(ICT)を活用するスマート農業の発展が期待されている。今後スマート農業を普及させていくためには、高 … Read more

NTT東日本など、安全で生産性の高い林業経営の実現に向けてLPWAを活用した共同実証実験を実施

NTT東日本など、安全で生産性の高い林業経営の実現に向けてLPWAを活用した共同実証実験を実施

日本の林業は、現在、戦後の積極的な造林により人工林の半数以上が伐採適齢期を迎えており、林野庁の発表によると、国産材利用の増加等を背景に木材自給率が上昇傾向にある。一方で、林業従事者数は30年間で約1/3まで減少している。 … Read more

QRコードが付与されている綾町産の野菜

ISID、ブロックチェーンを駆使した食品の安全を担保するプラットフォームを開発、食品偽装などの防止

ビットコインは2者間の取引に金融機関が介在しなくても、安全に取引を行うことのできる通貨であり、そのビットコインの信頼性を担保する仕組みとして登場したのがブロックチェーンだ。 では、金融機関が介在せずとも、なぜ取引が安全に … Read more