ヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療とは

スマートヘルスケアは、主にウエアラブルデバイスで生体情報を取得することで、健康状態を改善するための取り組みだ。睡眠状態の改善やストレス解消など様々なテーマのソリューションが登場している。

一方で、医療の場合は、生体映像をAI画像処理によって問題のある部位を発見したり、遠隔医療、在宅医療など、これまでの医療行為の定義を変えていく必要があることも多く、実用化に向けては法改正も含めた取り組みが必要になる。

また、医療機関の設備面での改善も視野に入れた取り組みも進んでいる。

基本と事例

スマートヘルスケア・医療を実現する上で必要な基本と事例を紹介する。

事例基本
現在コンテンツがありません。

記事一覧

日本IBM・日立・ソフトバンクなど、厚生労働大臣および経済産業大臣の認可による「医療AIプラットフォーム技術研究組合」を設立

日本IBM・日立・ソフトバンクなど、厚生労働大臣および経済産業大臣の認可による「医療AIプラットフォーム技術研究組合」を設立

近年、医療が高度化・細分化されたことにより、医療関係者と患者や家族の間だけでなく、先端研究者と医療関係者の間にも大きな知識・情報格差が生じている。また医療関係者は、知識・技術を習得するために従来以上に時間を割く必要がある … Read more

浪江町社協、NTT Com、NTTレゾナント、自治体向けの高齢者見守りサービス「みまもり電球」を福島県浪江町にて開始

浪江町社協、NTT Com、NTTレゾナント、自治体向けの高齢者見守りサービス「みまもり電球」を福島県浪江町にて開始

昨今、地域コミュニティ内の関係性が希薄化する傾向にある中、高齢者の社会的孤立などが問題になっている。そのため、とくに一人暮らしの高齢者については、家族や行政職員などによる定期的な訪問・連絡により、生活状況を十分に見守るこ … Read more

ソフトバンクとAIメディカルサービス、内視鏡検査映像を5Gで伝送してAIによる画像診断補助を行う実証実験を実施

ソフトバンクとAIメディカルサービス、内視鏡検査映像を5Gで伝送してAIによる画像診断補助を行う実証実験を実施

国内では少子高齢化や過疎化の影響で、地域間における医療格差が生じている他、医療の高度化・複雑化に伴って、専門医の不足や医療関係者の負担の増加が課題となっている。 「内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」に … Read more

NHKエンジニアリングシステム・富士通・NTTドコモなど、がんの遠隔手術支援システムの実現をめざす技術実証実験を実施

NHKエンジニアリングシステム・富士通・NTTドコモなど、がんの遠隔手術支援システムの実現をめざす技術実証実験を実施

8K内視鏡カメラを使ってがん手術を行う執刀医に対して、遠隔地にいる熟練の専門医が伝送されてくる8K内視鏡映像を見ながら適切な指示指導を行うことで、熟練医師のいない地域でも質の高い医療提供が可能になると期待されている。 遠 … Read more

NTTドコモと徳島県、5Gとドコモオープンイノベーションクラウドを活用した映像伝送による遠隔医療支援システムを病院に導入

NTTドコモと徳島県、5Gとドコモオープンイノベーションクラウドを活用した映像伝送による遠隔医療支援システムを病院に導入

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と徳島県は、5Gとドコモオープンイノベーションクラウドを活用した映像伝送による遠隔医療支援システムを徳島県立中央病院と三好病院と海部病院に導入することを発表した。 同システムは、ドコモ … Read more

NTTデータ経営研究所・ドコモ・理研など、過疎地域における5Gを活用した遠隔診療・リハビリ指導の実証実験を実施

NTTデータ経営研究所・ドコモ・理研など、過疎地域における5Gを活用した遠隔診療・リハビリ指導の実証実験を実施

愛知県新城市では、人口減少・過疎化・少子高齢化が進み、山間部等のへき地における通院困難患者の増加や医療資源の負担増加など、深刻な地域課題を抱えている。 例えば、独居世帯や老老介護世帯の増加により診療・リハビリ指導において … Read more