ヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療とは

スマートヘルスケアは、主にウエアラブルデバイスで生体情報を取得することで、健康状態を改善するための取り組みだ。睡眠状態の改善やストレス解消など様々なテーマのソリューションが登場している。

一方で、医療の場合は、生体映像をAI画像処理によって問題のある部位を発見したり、遠隔医療、在宅医療など、これまでの医療行為の定義を変えていく必要があることも多く、実用化に向けては法改正も含めた取り組みが必要になる。

また、医療機関の設備面での改善も視野に入れた取り組みも進んでいる。

基本と事例

スマートヘルスケア・医療を実現する上で必要な基本と事例を紹介する。

事例基本
現在コンテンツがありません。

記事一覧

機能性素材「hitoe®」を活用した、シャツ型センサー

NTTテクノクロス・東レなど、シャツ型センサーで体調不良の予兆を検知するサービスに新機能を搭載して販売

昨今、夏場は猛暑が続くほか、新型コロナウイルス感染対策としてのマスク着用などが熱中症の発生リスクを高めている。また夏場以外でも、工場や室内など屋内でも暑さによる体調不良の危険性があり、暑さ対策は重要になっている。 NTT … Read more

キヤノンITSとドクターズ、クラウドを活用した臨床現場目線の医療・デジタルヘルスサービスの支援に向けて協業

キヤノンITSとドクターズ、クラウドを活用した臨床現場目線の医療・デジタルヘルスサービスの支援に向けて協業

新型コロナウイルスの拡大と高齢化社会を迎えた日本において、医療・介護の需要が確実に増加する一方、医療現場では人手不足や待遇悪化、長時間労働などが深刻な問題となり、大きな変革が求められている。その解決策として注目されている … Read more

マクニカ、介護現場の通知見逃し防止へ向け見守りシステム「AttentiveConnect」と コミュニケーションアプリ「Buddycom」との連携機能を提供

マクニカ、介護現場の通知見逃し防止へ向け見守りシステム「AttentiveConnect」と コミュニケーションアプリ「Buddycom」との連携機能を提供

急速に進む少子高齢化により、介護におけるICT化が進んでいる。そのひとつとして見守りシステムがあるが、センサーを信頼して巡回を最適化することが十分に進められていないという課題があった。そして、その要因の1つとして、センサ … Read more

シェアメディカルと聖マリアンナ医科大学、新型コロナウイルス肺炎の早期診断・重症化予測を行うAI聴診デバイスの研究を発表

シェアメディカルと聖マリアンナ医科大学、新型コロナウイルス肺炎の早期診断・重症化予測を行うAI聴診デバイスの研究を発表

株式会社シェアメディカルと聖マリアンナ医科大学 大学院医学研究科医療情報処理技術応用研究分野 小林 泰之教授は共同で、AIを活用した新型コロナウイルス肺炎の早期診断・重症化予測を可能とする「AI聴診デバイス」の共同研究を … Read more