ヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療とは

スマートヘルスケアは、主にウエアラブルデバイスで生体情報を取得することで、健康状態を改善するための取り組みだ。睡眠状態の改善やストレス解消など様々なテーマのソリューションが登場している。

一方で、医療の場合は、生体映像をAI画像処理によって問題のある部位を発見したり、遠隔医療、在宅医療など、これまでの医療行為の定義を変えていく必要があることも多く、実用化に向けては法改正も含めた取り組みが必要になる。

また、医療機関の設備面での改善も視野に入れた取り組みも進んでいる。

基本と事例

スマートヘルスケア・医療を実現する上で必要な基本と事例を紹介する。

事例基本
現在コンテンツがありません。

記事一覧

TISと産業医科大学、組織の生産性向上をサポートするパーソナライズプログラム「サスティナケア」を提供開始

TISと産業医科大学、組織の生産性向上をサポートするパーソナライズプログラム「サスティナケア」を提供開始

企業が持続的な経済的価値を創出するためには、そこで働く社員の心身の健康が不可欠であり、企業の無形資産の中でも人的資本は経営の根幹に位置づけられるべきものである。 これまで多くの日本企業が健康経営に取り組んできた。しかし、 … Read more

富士通と東京医科歯科大学、スパコン「富岳」とAIを活用してがんの薬剤耐性に関わる未知の因果を発見する技術を開発

富士通と東京医科歯科大学、スパコン「富岳」とAIを活用してがんの薬剤耐性に関わる未知の因果を発見する技術を開発

がんの分子標的薬(※1)は、患者への投与を続けると、その薬剤に対して耐性を獲得したがん細胞が増殖し、再発することがある。このように、複数のドライバー変異(※2)を獲得した細胞群が変幻自在に異常な振る舞いをするがん耐性獲得 … Read more