ヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療

スマートヘルスケア・医療とは

スマートヘルスケアは、主にウエアラブルデバイスで生体情報を取得することで、健康状態を改善するための取り組みだ。睡眠状態の改善やストレス解消など様々なテーマのソリューションが登場している。

一方で、医療の場合は、生体映像をAI画像処理によって問題のある部位を発見したり、遠隔医療、在宅医療など、これまでの医療行為の定義を変えていく必要があることも多く、実用化に向けては法改正も含めた取り組みが必要になる。

また、医療機関の設備面での改善も視野に入れた取り組みも進んでいる。

基本と事例

スマートヘルスケア・医療を実現する上で必要な基本と事例を紹介する。

事例基本
現在コンテンツがありません。

記事一覧

凸版印刷、米国発の瞑想ポッド「OpenSeed」と心拍や脳波などのセンシングによる効果測定を連携させたパフォーマンス向上ソリューションを提供

凸版印刷、米国発の瞑想ポッド「OpenSeed」と心拍や脳波などのセンシングによる効果測定を連携させたパフォーマンス向上ソリューションを提供

企業における働き方改革や健康経営の流れを受け、従業員のストレスなどに対するメンタルケアの取組みが活発化している。 マインドフルネスは精神状態を整え、仕事の生産性向上に繋げることを目的に注目領域となっており、手法の一つであ … Read more

順天堂大学・フィリップスなど、共同研究講座「デジタルヘルス・遠隔医療研究開発講座」を開設

順天堂大学・フィリップスなど、共同研究講座「デジタルヘルス・遠隔医療研究開発講座」を開設

超高齢社会である日本では、高齢者の通院における患者自身の負担の増加、医療従事者や介護者の負担増、増悪入院に関連する医療費の負担増などが社会問題となっている。近年のインターネット技術の進展に伴い、ヘルスケア・医療分野でもI … Read more

京都大学とNTT、臨床情報を管理・統合する医療リアルワールドデータを構築する新会社を設立

京都大学とNTT、臨床情報を管理・統合する医療リアルワールドデータを構築する新会社設立

現在の医療では、それぞれの医療がどのように実践され、どのような課題があるかを迅速・正確に把握することは困難であり、臨床研究などで時間と労力をかけてデータを蓄積し、分析してからはじめて現れる事象が沢山ある。 しかし、臨床試 … Read more

パナソニック、国立循環器病研究センターとIoT機器を用いた軽度認知障害(MCI)の 早期発見に関する共同研究を開始

認知機能低下の初期段階である軽度認知障害(以下、MCI)は、早期に発見し適切な対応を行うことで、認知機能の向上・維持、低下の遅延ができると言われている。 パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社とグループ会社である … Read more

日本ガイシ、メンテナンスフリーIoTを実現する「EnerCera」 -CES2020レポート6

日本ガイシ、メンテナンスフリーIoTを実現する「EnerCera」 -CES2020レポート6

IoTの仕組みを実際に展開する場合にボトルネックとなる領域が通信と電源だ。 データを取得して送信するための電源と、送信するための通信手段をどのように実現していくかが課題になることが多い。中でも電源は機器の用途はもちろん、 … Read more

脳MRI画像をAIで解析する医療画像解析ソフトウェア「EIRL aneurysm」 -エルピクセル島原氏インタビュー

脳MRI画像をAIで解析する医療画像解析ソフトウェア「EIRL aneurysm」 -エルピクセル島原氏インタビュー

2019年10月15日、エルピクセル株式会社(以下、LPIXEL)は脳MRI分野のプログラム医療機器として薬事承認を取得した医療画像解析ソフトウェア「EIRL aneurysm (エイル アニュリズム)」の発売を開始した … Read more