製造業

スマートファクトリーとは

可視化による生産性改善と、DXと呼ばれる、設計から製造、保守までのビジネスプロセス全体の変革の両面を見ることが重要となるスマートファクトリー。
ここでは、その基本と事例を紹介する。

製造業におけるスマートファクトリー

スマートファクトリーは、主に工場のIoTについて語られる場合が多い。 インダストリー4.0の文脈では、必ずしも工場だけにフォーカスせず、設計、製造、物流などプロセス全体をデジタル化(デジタライゼーション)することで、個々のプロセスにおける現実世界の状態をデジタルにコピーして「デジタルツイン」を構成する。

その結果、デジタルツイン上でのシミュレーションを行うことができるようになる。

これまでであれば、設計のために3D-CADの図面を作った後、工場での製造可否やラインの組み直し、他工場への依頼など、製造までに時間がかかることが多かったが、デジタルツイン上で製造可否をシミュレーションすることができるので、その時間が圧倒的に短縮することができる。

現在、製造プロセス全体のデジタライゼーションのみならず、サプライチェーンを視野に入れたスマートファクトリーも今後登場している。

記事一覧

シュナイダーエレクトリックとレノボが協業、環境問わずにエッジコンピューティングの設置を可能にするソリューションを発表

シュナイダーエレクトリックとレノボが協業、環境問わずにエッジコンピューティングの設置を可能にするソリューションを発表

IoT機器の普及や工場などの省人化に伴うオートメーション機器の導入が進む中、生成された大量のデータを素早くセキュアに処理するため、データの生成場所に近いところでデータ処理をするエッジコンピューティングの導入が進んでいる。 … Read more

製造業のAIは運用フェーズへ、ユーザーが使いこなせる異常検知ソリューション「Impulse V2」の新機能 ―ブレインズテクノロジー 榎並氏、中澤氏インタビュー

製造業のAIは運用フェーズへ、現場が使いこなせる異常検知ソリューション「Impulse」の新機能 ―ブレインズテクノロジー 榎並氏、中澤氏インタビュー

ブレインズテクノロジー株式会社は9月14日、同社が2014年から展開している異常検知ソリューション「Impulse(インパルス)」の最新版をリリースした。 最新版のImpulseでは、専門家(データサイエンティスト)の力 … Read more

ーマクニカセミナーレポート

失敗しないDXには、顧客のメリットに着目することが重要 ーマクニカセミナー パネルディスカッションレポート

株式会社マクニカが主催するセミナー「コロナ禍に挑む! 製造業が勝ち抜く為のデジタルツイン活用術 〜事例と具体的なアプローチ方法〜」が2020年8月27日に開催された。 本稿では、同セミナーでのパネルディスカッションに関し … Read more

ーマクニカ 阿部氏

デジタルツインをコミュニケーションツールとして使用し、DXプロジェクトを推進させる ーマクニカ 阿部氏

株式会社マクニカが主催するセミナー「コロナ禍に挑む! 製造業が勝ち抜く為のデジタルツイン活用術 〜事例と具体的なアプローチ方法〜」が2020年8月27日に開催された。 本稿では、同セミナーでのマクニカの阿部幸太氏の講演に … Read more

NECソリューションイノベータ、AIとプロジェクションマッピングを活用して生産ライン上の不良品を追跡するサービスを提供開始

NECソリューションイノベータ、AIとプロジェクションマッピングを活用して生産ライン上の不良品を追跡するサービスを提供開始

近年、食品製造業の生産工程では、熟練作業者の目視による検品作業が行われているが、熟練作業者の高齢化によって技術の継承が将来にわたる課題となっている。また、人手不足が深刻化する中、外国人労働者の受け入れに伴い、製造現場では … Read more