製造業

スマートファクトリーとは

可視化による生産性改善と、DXと呼ばれる、設計から製造、保守までのビジネスプロセス全体の変革の両面を見ることが重要となるスマートファクトリー。
ここでは、その基本と事例を紹介する。

製造業におけるスマートファクトリー

スマートファクトリーは、主に工場のIoTについて語られる場合が多い。 インダストリー4.0の文脈では、必ずしも工場だけにフォーカスせず、設計、製造、物流などプロセス全体をデジタル化(デジタライゼーション)することで、個々のプロセスにおける現実世界の状態をデジタルにコピーして「デジタルツイン」を構成する。

その結果、デジタルツイン上でのシミュレーションを行うことができるようになる。

これまでであれば、設計のために3D-CADの図面を作った後、工場での製造可否やラインの組み直し、他工場への依頼など、製造までに時間がかかることが多かったが、デジタルツイン上で製造可否をシミュレーションすることができるので、その時間が圧倒的に短縮することができる。

現在、製造プロセス全体のデジタライゼーションのみならず、サプライチェーンを視野に入れたスマートファクトリーも今後登場している。

記事一覧

ミスミグループ本社の自動化装置部品のオンライン製造コマース「meviy」、鉄材の最短1⽇出荷を開始

ミスミグループ本社の自動化装置部品のオンライン製造コマース「meviy」、鉄材の最短1⽇出荷を開始

板金部品は装置設計の終盤で手配に着手することが多く、納期遅延は製造スケジュール全体に影響を及ぼすことから、短納期対応の需要が高い傾向にある。中でも「鉄材」は強度が強いことから自動車部品業界を含め幅広い業種の製造装置及び治 … Read more

ソラコム他2社、IoTサブスクリプション・マーケットプレイス「IoT SELECTION connected with SORACOM」において2つの遠隔監視ソリューションを提供開始

ソラコム他2社、IoTサブスクリプション・マーケットプレイス「IoT SELECTION connected with SORACOM」において2つの遠隔監視ソリューションを提供開始

昨今の社会情勢の影響により、今まで人手で行っていた工場内や屋外の設備の管理をリモートから管理できるようにし、省人化や業務効率化したいというニーズが高まっている。 東京センチュリー株式会社、株式会社ソラコムおよびビープラッ … Read more

京葉興業とコネクシオ、タナシン電機、24時間365日稼働し続ける廃水処理プラントの稼働状況をIoTで見える化、包括的な予兆保全に挑む

京葉興業とコネクシオ、タナシン電機、24時間365日稼働し続ける廃水処理プラントの稼働状況をIoTで見える化、包括的な予兆保全に挑む

株式会社京葉興業は、産業廃棄物、一般廃棄物の収集運搬業および処分業を中核事業とし、新砂事業部は江東区内で2ヶ所の中間処理施設を運用している。 24時間365日止められない廃水処理プラント施設設備のさらなる安定運用を目指す … Read more

ハカルス、外観検査AIを手軽に試験導入・検証できるスターターキット「SPECTRO GO」を提供開始

ハカルス、外観検査AIを手軽に試験導入・検証できるスターターキット「SPECTRO GO」を提供開始

株式会社HACARUS(以下、ハカルス)は、独自のスパースモデリング(※)技術を活用して外観検査AIソリューションを提供している。ハカルスの外観検査AIは、大量のデータ(ビッグデータ)を必要とせずディープラーニングの1/ … Read more

「スモールサクセスの共有で理解者を増やす」味の素が取り組むスマートファクトリー ―UCHIDAビジネスITオンラインセミナーレポート

「スモールサクセスの共有で理解者を増やす」味の素が取り組むスマートファクトリー ―UCHIDAビジネスITオンラインセミナーレポート

株式会社内田洋行は、11月10日にUCHIDAビジネスITオンラインセミナーを開催した。 今回のテーマは「マニュファクチャリング4.0を見据えた味の素の工場デジタル化への取り組み」だ。 セミナーでは味の素株式会社 食品事 … Read more

アラヤと住友商事マシネックス、AIを活用して外観検査を自動化するソフトウェア「InspectAI」を共同開発

アラヤと住友商事マシネックス、AIを活用して外観検査を自動化するソフトウェア「InspectAI」を共同開発

昨今の製造業では、人手不足や労働環境改善などが大きな課題であり、またビジネスを加速させるための既存事業の高度化・新規事業開発へのニーズが高まっている。こうした背景から、AIの需要は世界的に非常に増加し、2030年には約8 … Read more

東芝と統数研、工場の現場技術者の知見を学習する不良原因解析AIを開発

東芝と統数研、工場の現場技術者の知見を学習する不良原因解析AIを開発

製品の品質低下は生産コストに直接影響するため、製造現場においては、製品の品質を監視し品質低下がみられる製品の検出、原因の特定、対策の実行を素早く行う必要がある。 特に半導体の製造現場では、製造装置の経時変化やメンテナンス … Read more

ハードウェアとソフトウェアの両面を提供することでバーチャルとリアルを結びつける ーシーメンス新戦略記者発表会レポート

ハードウェアとソフトウェアの両面を提供することでバーチャルとリアルを結びつける ーシーメンス新戦略記者発表会レポート

シーメンス株式会社は、2020年12月3日に新戦略記者発表会を開催した。 同発表会の中で、2020年10月1日付けで代表取締役社長兼CEOに就任した堀田邦彦氏は、「バーチャルとリアルを融合させることが出来る世界で唯一の会 … Read more