製造業

スマートファクトリーとは

可視化による生産性改善と、DXと呼ばれる、設計から製造、保守までのビジネスプロセス全体の変革の両面を見ることが重要となるスマートファクトリー。
ここでは、その基本と事例を紹介する。

製造業におけるスマートファクトリー

スマートファクトリーは、主に工場のIoTについて語られる場合が多い。 インダストリー4.0の文脈では、必ずしも工場だけにフォーカスせず、設計、製造、物流などプロセス全体をデジタル化(デジタライゼーション)することで、個々のプロセスにおける現実世界の状態をデジタルにコピーして「デジタルツイン」を構成する。

その結果、デジタルツイン上でのシミュレーションを行うことができるようになる。

これまでであれば、設計のために3D-CADの図面を作った後、工場での製造可否やラインの組み直し、他工場への依頼など、製造までに時間がかかることが多かったが、デジタルツイン上で製造可否をシミュレーションすることができるので、その時間が圧倒的に短縮することができる。

現在、製造プロセス全体のデジタライゼーションのみならず、サプライチェーンを視野に入れたスマートファクトリーも今後登場している。

記事一覧