要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

ソニー、4.86μm角画素を実現した被写体の変化のみを検出する積層型イベントベースビジョンセンサー2タイプを商品化

ソニー、4.86μm角画素を実現した被写体の変化のみを検出する積層型イベントベースビジョンセンサー2タイプを商品化

産業機器業界におけるニーズの高度化・多様化に伴い、カメラで取得した画像から必要な情報を抽出するセンシングの活用が拡大し、より高効率なデータ取得が求められている。 ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社は、産業機器向 … Read more

フォレストシーなど、北アルプス携帯圏外にてLPWAを活用したIoT通信インフラ構築実証試験のエリア拡充と通信テストに成功

フォレストシーなど、北アルプス携帯圏外にてLPWAを活用したIoT通信インフラ構築実証試験のエリア拡充と通信テストに成功

株式会社フォレストシーと北陸電力株式会社、国立大学法人富山大学、五十嶋商事有限会社などの北アルプスの山小屋は共同で、2021年6月から開始した北アルプスIoT通信インフラ構築実証試験・第二段階エリア拡充として、当初予定さ … Read more