要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

東陽テクニカ、ネットワークトラフィックをユーザーやアプリ単位で解析するネットワーク監視ソリューション「NetEyez」を発売

東陽テクニカ、ネットワークトラフィックをユーザーやアプリ単位で解析するネットワーク監視ソリューション「NetEyez」を発売

DXの拡大、仮想環境の普及、働き方改革や感染症リスク対策によるテレワークの急速な拡大など、企業が利用するネットワークは社外・社内を問わずセキュリティの確保と運用の快適性がより重要となり、情報システム部門による迅速で的確な … Read more

NEC・移動無線センター・PSCP、LTE技術を用いた新たな業務用無線サービス「MCAアドバンス」を提供開始

NEC・移動無線センター・PSCP、LTE技術を用いた新たな業務用無線サービス「MCAアドバンス」を提供開始

昨今、自然災害の増加や被害の甚大化、通信環境に対するニーズの多様化により、自治体やインフラ事業者を中心とした様々な業種で、輻輳・途絶しにくい通信手段の確保や各種データ活用による業務の高度化・効率化が求められている。 一般 … Read more

IoTにおけるセンサーの選び方

IoTにおけるセンサーの選び方

現在、IoTの活用が当たり前となってきている一方で、IoTの肝となるセンサーの選択に悩むシーンが増えてきている。 また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための換気対策をきっかけに、CO2センサーの注目度があがり(注1) … Read more