要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

日立、電気事業者などにシミュレーションに基づいた対応・予防・保全施策を提案する「電力系統解析サービス」を提供開始

日立、電気事業者などにシミュレーションに基づいた対応・予防・保全施策を提案する「電力系統解析サービス」を提供開始

本日株式会社日立製作所は、電気事業者や自家発電設備を備えるプラント・大規模施設などを持つ顧客へ向け、電力系統で発生する問題点や事象をシミュレーションし、対応・予防・保全施策を提案する「電力系統解析サービス」の提供を開始す … Read more

東芝、最長測定距離200mのソリッドステートLiDARを開発

東芝、最長測定距離200mのソリッドステートLiDARを開発

自動運転や社会インフラ監視に不可欠な「目」の役割を担う距離センシング技術「LiDAR」は、レーザ光を物体に反射させ、戻ってくるまでの時間を計測して距離を測る技術である。物体までの距離を直接測るため、周辺環境の立体構造を瞬 … Read more

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT EX1」が、「TOTO パブリックレストルーム設備管理サポートシステム」に採用

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT EX1」が、「TOTO パブリックレストルーム設備管理サポートシステム」に採用

TOTO株式会社は、トイレの混雑状況をサイネージやスマートフォンを通じて提供する「空き状況表示サービス」と、リアルタイムでの器具の不具合に対するアラートや、蓄積データを活用した効率的な維持管理サポートを提供する「設備管理 … Read more