要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

NTN、産業用IoTプラットフォーム向け軸受診断アプリを開発

NTN、産業用IoTプラットフォーム向け軸受診断アプリを開発

近年、省人化や生産性の向上を背景に、生産設備の予知保全へのニーズが高まっている。IoTを活用し、設備や稼働状況を監視するとともに、生産現場でデータをリアルタイムに収集・分析することで、設備の不具合や故障をいち早く知り、計 … Read more

長崎大学の潮流発電技術と京セラIoT技術を融合して、海上データを収集する「エナジーハーベスト型スマートブイ」を共同開発

長崎大学の潮流発電技術と京セラIoT技術を融合して、海上データを収集する「エナジーハーベスト型スマートブイ」を共同開発

昨今、海洋汚染や海水温上昇などの社会問題より、「海の見える化」が重要視されている。しかし、海上でデータ収集を行うには安定した電源供給が障壁となっていた。 そこで国立大学法人長崎大学と京セラ株式会社は、長崎大学の潮流発電技 … Read more