要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

東大・早大・富士通・日立、プライベートLTEやローカル5Gの利用促進に向けて無線周波数利用効率を向上する技術を開発

東大・早大・富士通・日立、プライベートLTEやローカル5Gの利用促進に向けて無線周波数利用効率を向上する技術を開発

製造現場のスマート化や設備メンテナンスの高度化などさまざまな分野でIoT活用が進む中、高精細映像や多数のセンサーデータを伝送するために高速かつ低遅延な通信を可能にするプライベートLTEやローカル5Gなどの利用が検討されて … Read more

村田製作所、交通量を見える化するトラフィックカウンタシステムによるデータ提供サービスをインドネシアで4月から開始

村田製作所、交通量を見える化するトラフィックカウンタシステムによるデータ提供サービスをインドネシアで開始

東南アジアの一部では、広告市場でインターネット広告に次ぐ高い成長率となっている屋外広告に対し、広告効果を向上させるソリューションニーズが高まっている。 しかし、多くの東南アジア諸国では時間帯別の交通量や走行車種の情報など … Read more

MODEとセンサーズ・アンド・ワークス、混雑緩和を目的とした「人流可視化サービスプロジェクト」に参画

MODEとセンサーズ・アンド・ワークス、混雑緩和を目的とした「人流可視化サービスプロジェクト」に参画

2020年に発生した新型コロナウイルスは、人と人との接触により感染が拡大するとされている。コロナ禍における混雑可視化では、リアルタイム性が求められている。「今」の状況をリアルタイムにデータ収集し、情報を施設利用者や施設管 … Read more