要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

Agoop、人の流れを地図などで可視化するサービス「Kompreno」にメッシュ型流動人口データの閲覧機能を追加

Agoop、人の流れを地図などで可視化するサービス「Kompreno」にメッシュ型流動人口データの閲覧機能を追加

ソフトバンク株式会社の子会社で、位置情報を活用したビッグデータ事業を行う株式会社Agoopは、最短3分前の人の流れを地図やグラフなどで可視化するサービス「Kompreno」に、日本の総人口規模に換算してメッシュ … Read more

ZOZO研究所、ZOZOTOWNのファッション推薦データとアルゴリズム研究開発基盤をオープンソースとして公開

ZOZO研究所、ZOZOTOWNのファッション推薦データとアルゴリズム研究開発基盤をオープンソースとして公開

深層学習やバンディットアルゴリズム(※)、強化学習など推薦・検索アルゴリズムの技術は、日々目覚ましい発展を続けている。特にEコマース事業においては、近年ますますスピードが上がっている顧客やマーケットの移り変わりに対応でき … Read more

東京大学・凸版印刷・パナソニックなど、データ駆動型社会の実現に向けて先端システム技術研究組合を設立

東京大学・凸版印刷・パナソニックなど、データ駆動型社会の実現に向けて「先端システム技術研究組合」を設立

DXの実現の鍵を握るのが、フィジカル空間(現実空間)とサイバー空間(仮想空間)をシームレスに繋ぐデータの活用である。すなわち、IoTデバイスでセンシングしたデータを5Gで集め、AIで高度な分析を加えてサービスとして提供す … Read more

アクセルマークとMomo、積雪深自動モニタリングシステム「YUKIMI」を活用した線路上の積雪深把握の実証実験を開始

アクセルマークとMomo、積雪深自動モニタリングシステム「YUKIMI」を活用した線路上の積雪深把握の実証実験を開始

JR東日本新潟の管轄路線の一部地域は、特別豪雪地帯に指定されるほど降雪・積雪の多い地域に敷設されている。線路上の雪は列車の速度低下や走行不能を発生させたり、ポイント不転換などの設備障害を引き起こす要因となることがあり、列 … Read more

ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」のライセンス販売を開始

ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」のライセンス販売を開始

近年、蓄積したデータをビジネスに活用する動きが加速しており、予測分析はその高い導入効果から注目を集めている。一方で、予測分析をビジネス効率化や顧客価値の向上につなげるには高度な専門性が必要とされ、今後増えるニーズに対して … Read more

IoTデバイス開発の課題を包括的に解決する「IoT-AdvantEdge」

IoTデバイス開発の課題を包括的に解決する「IoT-AdvantEdge」 -サイプレス セミコンダクタ

様々なIoTデバイスを目にする機会も、増えてきているのではないだろうか。 こういった、デバイスの進歩には内部で動くマイコンの進化が大きく影響している。 例えば、スマートデバイスの多くは、電池での稼働を前提としているものが … Read more