要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

ソフトバンク・JR九州・東邦電機工業、踏切設備の作動ログを遠隔地から確認するシステムの実証実験を開始

ソフトバンク・JR九州・東邦電機工業、踏切設備の作動ログを遠隔地から確認するシステムの実証実験を開始

これまで踏切設備の管理者は、踏切設備に設置された情報メモリーからトラブル発生時に通知されるアラートを受けて対象の踏切設備がある現場へ行き、情報メモリーにパソコンを接続して踏切設備の作動ログを確認していた。 そのため、現場 … Read more

パナソニック、顔認証APIエンタープライズエディションとSaaSプラットフォームの提供を開始

パナソニック、顔認証APIエンタープライズエディションとSaaSプラットフォームの提供を開始

働き方改革関連法の施行を契機に勤怠管理ソフト市場は拡大を続けており、さらには新型感染症の拡大を受け、非接触関連技術へのニーズは上昇しオフィスでの入退管理に続き顧客のニーズが顕在化している。 建設や鉄道、物流業界においては … Read more

LeapMindとPALTEK、FPGAを活用したエッジAIソリューションの開発・量産導入の加速に向けて協業

LeapMindとPALTEK、FPGAを活用したエッジAIソリューションの開発・量産導入の加速に向けて協業

近年、AIの要素技術であるディープラーニングにより、画像処理や音声処理などいくつもの分野で劇的な精度向上が実現されてきた。しかし、現在クラウド上のGPUを使って処理することが一般的で、推論時には通信量や負荷、レイテンシの … Read more

NTTデータとキリン、事業部門ごとの顧客データを一元管理しデジタル施策を実現するプラットフォームを開発

NTTデータとキリン、事業部門ごとの顧客データを一元管理しデジタル施策を実現するプラットフォームを開発

キリンホールディングス株式会社(以下、キリン)では、セキュリティー問題・アルコール規制の高まりやD2C・オンライン店舗の拡大、消費者の価値観や行動の多様化などの外部環境変化により、キリンのデジタルプラットフォームはデジタ … Read more

アムニモ、エッジコンピューティングを実現する産業用LTEゲートウェイ「Edge Gateway amnimo Gシリーズ AG10」を販売開始

アムニモ、エッジコンピューティングを実現する産業用LTEゲートウェイ「Edge Gateway amnimo Gシリーズ AG10」を販売開始

産業におけるIoTの普及が進むにつれて、利用者の業務プロセスの改善に成功した例が増えているが、同時に「厳しい外部環境下で障害を抑制したい」「仮に障害が発生した場合でも現場に駆けつけることなくリモートから対処したい」という … Read more

PALTEK、エッジ端末での情報処理を高速化する組み込みFPGAエッジコンピューティングを開発

PALTEK、エッジ端末での情報処理を高速化する組み込みFPGAエッジコンピューティングを開発

5Gの導入期から普及期への移行を目前に控え、今後IoTの活用が加速度的に進展することが予想されている。その中で、さまざまな機器から取得できる情報は増大し、クラウドでその処理をすべて行うにはいくつもの課題がある。 株式会社 … Read more