要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

京セラ株式会社と慶應義塾大学SFC研究所は共同で、京セラの3軸水晶ジャイロセンサーを活用してデータの取得や卓球ラケットの角度や軌道の可視化が可能な「卓球ラケットセンサーシステム(IoT on Table Tennis)」 … Read more

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

近年、IoTやモバイルアプリの利用拡大で、GPSなどの位置情報を含むビッグデータの解析ニーズが増えている。しかし、位置情報データ活用のためのデータ解析作業は、データ量が非常に多いことに加え、滞在時間や移動距離などの複雑な … Read more

富士通研究所、ディープラーニングを活用して正しい手洗い動作を判定する映像認識AI技術を開発

富士通研究所、ディープラーニングを活用して正しい手洗い動作を判定する映像認識AI技術を開発

近年、細菌やインフルエンザ、新型ウイルスなどの感染から人々の健康を守る対策として手洗いの重要性が世界的に再認識されている。厚生労働省では、食中毒や感染症の予防に効果的な正しい手の洗い方6ステップの実施を推奨している。 現 … Read more

富士通とBOOSTRY、異なるブロックチェーン間におけるデジタルアセット取引に成功

富士通とBOOSTRY、異なるブロックチェーン間におけるデジタルアセット取引に成功

近年、あらゆるもののデジタル化に伴い、株式や債券などの有価証券だけでなく、様々な商品をトークン化(※1)したデジタルアセットの普及が見込まれており、2020年5月に施行された金融商品取引法の改正では、ブロックチェーン技術 … Read more

京葉ガスとセンスウェイ、建物内温度や外気温を可視化して空調を制御する空調IoTソリューションを共同開発

京葉ガスとセンスウェイ、建物内温度や外気温を可視化して空調を制御する空調IoTソリューションを共同開発

ガス空調設備の導入や維持管理・運用支援といったエネルギーサービス事業を展開する京葉ガス株式会社と、LPWA対応センサーを活用したIoTソリューション事業のセンスウェイ株式会社は、各種環境センサーデータを活用した建物内温度 … Read more

KDDIとDMG森精機、5Gを活用したデジタルファクトリーの実現に向けて共同実験を開始

KDDIとDMG森精機、5Gを活用したデジタルファクトリーの実現に向けて共同実験を開始

製造業界においては、変種変量・多品種少量生産の実現、生産性向上、スキルの標準化など、製造現場における課題は近年大きく変化しており、機械の高精度化・高効率化とともに製造現場の自動化に対するニーズが高まっている。一方、工作機 … Read more

FAがわかれば、製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビュー

FAがわかれば、製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビュー

2020年5月、株式会社アスコは小型IoTゲートウェイ「PUSHLOG」を発売した。 「PUSHLOG」は、製造現場におけるIoT導入のハードルを下げるため、FAエンジニアが簡単にハードウェアの設置からクラウド環境の設定 … Read more