要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

バカンとあいおいニッセイ同和損保が提携、リアルタイム被害予測ウェブサイト「cmap」で避難所の混雑情報を公開

バカンとあいおいニッセイ同和損保が提携、リアルタイム被害予測ウェブサイト「cmap」で避難所の混雑情報を公開

近年日本国内では大雨や短時間強雨、土砂災害といった自然災害の発生回数が増加傾向にあり、防災対策に対する重要性が増している。 防災対策の1つとして、地域住民の方などが身の安全を確保するための避難所に関する情報の的確かつ迅速 … Read more