要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

WInfronteer

「ヘルスケア・エンターテイメントをつくりたい」WINフロンティア

ウェアラブルデバイスで、心拍や睡眠の質などのデータを取得できるようになってきたが、簡単に「ココロの状態」を知ることができる技術はなかったのではないだろうか。 心拍のゆらぎで8タイプのキモチをチェックすることができるアプリ … Read more

パナソニックからスピンオフしたベンチャーPUX、「顔認識ソフトウェア FaceU Ver.3」のライセンス提供を開始~ディープ・ラーニングの手法を活用し認識精度を向上

パナソニックからスピンオフしたベンチャーPUX、「顔認識ソフトウェア FaceU Ver.3」のライセンス提供を開始~ディープ・ラーニングの手法を活用し認識精度を向上

パナソニック株式会社の社内ベンチャー制度にて設立したPUX株式会社は、近年著しい進化を遂げている機械学習技術ディープ・ラーニングの手法を活用し認識精度を向上させた「顔認識ソフトウェア FaceU Ver.3」(※)のライ … Read more