要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

事例

現在事例の登録がありません。

記事一覧

ぷらっとホーム、ドコモ回線に対応した「IoTクラウドベーシックセット」を発売開始。『センサー』『ゲートウェイ』『回線』『クラウド』『アプリ』の基本構成をワンパッケージで提供

ぷらっとホーム、ドコモ回線に対応した「IoTクラウドベーシックセット」を発売開始。『センサー』『ゲートウェイ』『回線』『クラウド』『アプリ』の基本構成をワンパッケージで提供

2015年7月28日、ぷらっとホーム株式会社は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の導入に必要なものがすべて含まれたパッケージ製品、『IoT クラウドベーシックセット』を発表した。 本製 … Read more

myThings

Yahoo! JAPAN、IoT時代に向けた事業者向けプラットフォーム構想を発表 新たな体験を提供するユーザー向けスマホアプリ「myThings」も公開

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、来るIoT時代に向け、事業者向けプラットフォームサービス「myThingsプラットフォーム」の提供を開始する。併せて、本プラットフォームを活用して開発したユーザー向けス … Read more

ams、ユニバーサルリモコン、バーコードエミュレーション、カラーセンシング、近接検出、3Dジェスチャ検知機能を統合したセンサモジュールを業界で初めて提供

ams、ユニバーサルリモコン、バーコードエミュレーション、カラーセンシング、近接検出、3Dジェスチャ検知機能を統合したセンサモジュールを業界で初めて提供

amsは本日、ユニバーサル・リモート・コントロール(URC)、バーコードエミュレーション、RGBカラーセンシング、近接検出、3Dジェスチャ検知など複数の機能を5.0×2.0×1.0mmの薄型パッケージに組込んだ … Read more