要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

記事一覧

メンター・グラフィックス、ゲートウェイ/クラウド/エッジデバイスを統合した、カスタマイズ可能でセキュアなエンドツーエンドIoTソリューションを発表

メンター・グラフィックス、ゲートウェイ/クラウド/エッジデバイスを統合した、カスタマイズ可能でセキュアなエンドツーエンドIoTソリューションを発表

メンター・グラフィックス・コーポレーションは、組込み業界で初となるカスタマイズ可能なエッジツークラウドIoTソリューションを発表した。 同ソリューションは、顧客がリスクやコストを削減し、開発サイクルを短縮しながらIoTデ … Read more

豆蔵ホールディングス、ビッグデータ技術を活用しIoTに対応したリアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」の提供開始を発表

豆蔵ホールディングス、ビッグデータ技術を活用しIoTに対応したリアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」の提供開始を発表

株式会社豆蔵ホールディングスは、事業会社の株式会社オープンストリームが、ビッグデータ技術とAWSの開発実績を基に開発した技術「LogStream(ログストリーム)」プラットフォームの提供を2015年11月5日より開始した … Read more

エスキュービズム・テクノロジー、センサーカメラとスマホで駐車場の空き状況確認・予約・決済が可能に

エスキュービズム・テクノロジー、センサーカメラとスマホで駐車場の空き状況確認・予約・決済が可能に

スマートホテルキーなどIoTソリューションの開発・販売会社の株式会社エスキュービズム・テクノロジー(以下 Sテック)は、車番認識カメラやセンサーを内蔵したポール(柱)を駐車場に設置し、スマホを通じて駐車場の空き状況確認、 … Read more

NEC

NEC、ビッグデータ分析・予測に基づき判断や計画を最適化する人工知能(AI)「予測型意思決定最適化技術」を開発

NECは、ビッグデータ分析を高度化する人工知能技術の1つとして、予測に基づいた判断や計画をソフトウェアが最適に行う「予測型意思決定最適化技術」を開発した。 今回開発した「予測型意思決定最適化技術」は、NECが開発したビッ … Read more