オプテックス、自動ドアの利用状況を遠隔モニタリングする自動ドアデータプラットフォームを提供開始

オプテックス、自動ドアの利用状況を遠隔モニタリングする自動ドアデータプラットフォームを提供開始

日本国内の自動ドアの安全規格として制定されている「JIS A 4722」は、メーカーをはじめとする関係各社が自動ドアの安全対策として取り組むべき内容が明確化され、CAN通信を用いた機器同士の相互監視を行うなど、これまで以 … Read more

NECとRealeyes、感情を分析しビデオコミュニケーションを支援するサービスを共同開発

NECとRealeyes、感情を分析しビデオコミュニケーションを支援するサービスを共同開発

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、映像を使ったビデオコミュニケーションが様々な日常生活のシーンに浸透し活発になっている。一方で、こうした非対面のコミュニケーションは対面のコミュニケーションと比べ、相手の意図してい … Read more

日本ユニシス・静岡電鉄など、新たなMaaS導入に向けた実証実験で使用するアプリ「しずてつ MapS!」をリリース

日本ユニシス・静岡電鉄など、新たなMaaS導入に向けた実証実験で使用するアプリ「しずてつ MapS!」をリリース

持続可能なまちづくりの実現をめざす地域コンソーシアム「静岡型MaaS 基幹事業実証プロジェクト」と日本ユニシス株式会社、静岡鉄道株式会社は、地域の暮らしの利便性を最優先にした新たなモビリティサービス(MaaS)の導入に向 … Read more

東急電鉄、音で見つかる探し物トラッカー「Tile」の検知システム「Tileアクセスポイント」を東急線全路線88駅に導入

東急電鉄、音で見つかる探し物トラッカー「Tile」の検知システム「Tileアクセスポイント」を東急線全路線88駅に導入

東急線全線では年間約37万件の忘れ物が発生しており、そのうち落とし主に返還することができた忘れ物の数は約40%に留まっている。これにより、駅での保管場所不足や、落とし主に返還されない忘れ物の該当警察への送付作業による駅係 … Read more

富士通と東京大学、ニューノーマル時代の遠隔産業保健を支えるシステムの実現に向けて共同研究を開始

富士通と東京大学、ニューノーマル時代の遠隔産業保健を支えるシステムの実現に向けて共同研究を開始

新型コロナウイルス感染症の拡大により、ニューノーマル時代の新たな働き方として企業においてテレワークが急速に普及し、場所や時間を問わない勤務形態へとシフトする動きが高まる一方、テレワークを基本とする勤務では従業員一人ひとり … Read more