NEC、スペイン ムルシア市とスマートシティの実現に向けイノベーションセンターを共同で設立

NECのグループ会社であるNECイベリカ社は、スペインのムルシア市およびムルシア大学と共同で、スマートシティ関連のソリューションを開発・展示する「イノベーションセンター」を同市庁舎内に設立する。

ムルシア市は、同国南東部に位置するムルシア州の州都で、人口約45万人を有する国内7番目の都市だ。

近年、ムルシア市はスマートムルシアプロジェクトを立ち上げ、市内の各種データをリアルタイムに収集・分析することで、市民サービスの質向上や自治体業務の効率化、都市の安全性向上などを目指す、都市のデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいる。

NECは、同国のサンタンデール市、ポルトガルのリスボン市などのスマート化へも取り組んでおり、これらの実績で培った技術や知見を同センターへ提供し、ソリューションを共同で開発する。

また、同センターで開発したソリューションを、市民や他の都市、企業などに公開することで、新たな都市サービスの創出を促進するとしている。

【関連リンク】
日本電気(NEC)

Previous

マクニカ アルティマ カンパニー、次世代BLE Routerを開発するCassia Networks社と代理店契約

ゼンリンデータコムとKudanが業務・資本提携

Next