SBドライブとバイドゥ、自動運転バスの日本での活用に向けた協業について合意

ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社と、百度(Baidu)の日本法人であるバイドゥ株式会社は、百度が提供する自動運転システムのプラットフォーム「Apollo(アポロ)」を搭載した自動運転バス「Apolong(アポロン)」の日本での活用に向けて協業することに合意した。

SBドライブは、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を目指しており、自動運転バスの実用化による公共交通の維持・改善につなげていきたいと考えている。

バイドゥは、百度が蓄積してきたAI(人工知能)の研究成果である自動運転技術を活用し、日本が抱える交通・移動手段の課題を解決したいと考えている。

SBドライブとバイドゥは、SBドライブが開発中の遠隔運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」と、百度の自動運転システムのプラットフォーム「Apollo」を連携させ、日本の公道における自動運転バスの実用化を目指す。

なお、両社は、「Apolong」を開発・製造するバス車両メーカーである厦門金龍聨合汽車工業有限公司と協業し、「Apolong」を日本で活用するための仕様変更などを進め、2019年初期までに実証実験用車両を含めて10台の「Apolong」を日本に持ち込む。また、2018年度中に日本で実証実験を開始する予定だ。

Previous

京セラ、LPWAと「AWS IoT 1-Click」対応「LTE-Mボタン」を製品化

ナーブ、場所を選ばずどこでもVR体験ができる「モバイルクルール」を開発

Next