ナーブ、場所を選ばずどこでもVR体験ができる「モバイルクルール」を開発

VRコンテンツのプラットフォームを提供するナーブ株式会社は、手軽にどこにでも持ち運びができ、カバーをスライドするだけのワンタッチでセットアップできるコンパクトなVR端末「モバイルクルール」(特許申請中)を開発。本日より、同社サービスの利用者を対象に販売を開始した。

VR端末は、持ち運びやすさ(軽さ・薄さ)を重視すると、どうしても簡易的なものになり没入感が落ちてしまい、逆に、VR体験の質を求めると、端末は持ち運びにくくスタイリッシュさに欠ける、というジレンマを抱えていた。

そこでナーブは、このようなVR業界全体の課題を解決するため、コンパクトかつワンタッチでセットアップできるVR端末を開発した。

使用例は以下の通りだ。

・会社や商品の説明
・MRがドクターにプレゼンテーション
・営業担当が工場見学をスマートにプレゼンテーション
・大型施設の営業(データセンター、ガス施設など)
・屋外での「VR内見」

モバイルクルール紹介動画
Previous

SBドライブとバイドゥ、自動運転バスの日本での活用に向けた協業について合意

三つの要因が重なり起きたAIブームのパーフェクトストーム ─DLLAB DAY 2018 基調講演

Next