jig.jp、こどもパソコン『IchigoJam』ver1.1リリース

モバイルを中心としたソフトウェアの企画・開発・提供を行う株式会社jig.jpは、セットアップ不要・シンプル・安価なこどものプログラミング教育ツールソフトウェアとして開発した『IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)』のver1.1をリリースした。

 

『IchigoJam BASIC ver1.1』は、サーボモーターを使った動くおもちゃの簡単制作、中断行の表示など、より簡単にプログラミングを楽しめる機能、ARM Thumb(R)のマシン語ハンドアセンブルによる高度な学習、入出力ピンの切り替えや、クロックダウンによる省電力化などIoT分野での組み込みにもより使いやすくバージョンアップした。

jig.jp、こどもパソコン『IchigoJam』ver1.1リリース

オープンデータや、IoTによってプログラミングの可能性が広がる現代社会、スキルさえあればこどもでも活躍することができる。全くの初心者でも、コンピューターの組み立てから、プログラミングの基本について学ぶことができるこどもパソコン『IchigoJam』は、福井県福井市明道中学校、福井県鯖江市立鯖江中学校、鯖江東小学校、鯖江市北中山小学校、福井工業高等専門学校、鳥羽商船高等専門学校、モンゴル日本共同技術高等学校他、各地のワークショップで利用されている。

プログラミングを学ぶ教科書として新たに「親子でベーシック入門 IchigoJamではじめてのプログラミング(株式会社ジャムハウス)」が出版され、誕生51年を迎え、多くの人になじみ深いBASIC言語を使った新しい親子交流が生まれている。

総務省「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」において、安価・起動が早い・シニア層に指導者人材豊富・こどもが利用してもリスクが低いプログラミング学習用のコンピューターとして『IchigoJam』が紹介されている。

 

【主な変更点】

・より簡単な電子工作(サーボモーター、PWMも使った3和音に対応)
・よりわかりやすくプログラミング(自由カーソルモード、中断時行表示)
・より組み込みやすい仕様(省電力、クリスタル自動判別、柔軟なIO設定)
・はじめてのプログラミングからARMマシン語入門まで
・国際化対応第一弾、カタカナ版に加えモンゴル語版公開
・9つの新コマンド(PWM/UART/SRAND/LANG/DEC/STOP/CONT/LINE/RESET)
・50%スピードアップ(単純ループで計測ver1.0.1比、消費電力はそのまま)

 

【機能追加】

・BASICの速度改善(1.5倍速)
・12MHz外部クリスタルの自動判定対応(外部クリスタルが接続されていない場合、内蔵オシレーター使用)
・プログラムを中断した際、BEEP音を鳴らし、中断した行を表示するよう変更
・挿入モードのカーソル形状変更
・CTRL+ALTで挿入/上書モード切り替え(INSキーの代替)
・上書モード時、プログラム実行中のカーソル自由移動に対応
・上書モード時、SHIFT+SPACEでスペースの挿入
・モンゴル語版ファームウェア追加(モンゴルキーボード配列に対応、カタカナ領域をキリル文字に)
・CTRL+SHIFTで言語切り替えキー追加(モンゴル式)

 

【バグ修正】

・一部のPS/2キーボードが動かないバグ修正(PS/2キーボード初期化コマンド追加)
・USキーボードで”‘/~”キーが効かないバグ修正
・FORやTOを含む式でエラーになるバグ修正
・右シフトが算術シフトになっていたバグ修正
・SHIFT+ENTERで表示がおかしくなることがあるバグ修正
・LETの配列連続代入で変数領域まで書き込めてしまうバグ修正
・マシン語呼び出し時、USRで指定したアドレスの-2から実行されてしまうバグ修正
・自動実行終了後のOKがでないバグ修正
・起動時に画面が乱れるバグ修正
・Y座標がマイナスの状態で実行中断した際カーソルが消えるバグ修正

 

【バージョンアップ方法】

1.公式サイトからファームウェアをダウンロードし自身でバージョンアップ
2.PCNの有償バージョンアップサービスを利用

※製品『IchigoJam』のver1.1への対応は購入時期、販売店によって異なる

 

【『IchigoJam』とは】

『IchigoJam』は小さなメモリ(RAM 4KB)で動作する『IchigoJam BASIC』をOSとして搭載したプログラミング入門用ワンボードマイコン。ビデオケーブルでテレビにつなぎ、PS/2キーボードを差し込み、 microUSBを電源としてつなぐだけで、プログラミングの学習を始められる。

NXP Semiconductors社のマイコンであるLPC1114FN28用のOS、『IchigoJam BASIC』と『IchigoJam』の回路図を、個人で利用する方には無償で、プログラミング教材として幅広く第三者へ販売・提供する企業向けにはライセンス販売を行っている。

現在、Raspberry Pi用の『IchigoJam BASIC』も開発中で、$5のコンピューターを使ってUSBキーボードとHDMIテレビを使った『IchigoJam BASIC』によるプログラミング学習環境としての提供を検討している。

※BASIC言語は1964年にプログラミングを学ぶための言語として登場し、多くのマイコン少年に親しまれた。2003年に休刊したプログラミング雑誌「マイコンBASICマガジン」が「電子工作マガジン(株式会社電波新聞社)」2015年春号(2015年3月19日発売)内のコーナーとして12年ぶりに復活し、2015年夏号(2015年6月19日発売)から、一般ユーザーからのプログラム投稿作品の掲載が始まっている。

jig.jp、こどもパソコン『IchigoJam』ver1.1リリース

【製品仕様】

製品名:IchigoJam (イチゴジャム)
CP  :NXP LPC1114 @ 48MHz
メモリ:4KB
プログラミング言語:IchigoJam BASIC
グラフィックス  :32×24 テキスト(PCG対応)/NTSCビデオ出力
キーボード    :PS/2キーボード(ファームウェアでJP/US選択可能)
I/O        :ボタン、汎用入力×4(アナログ入力×2)/LED×1、
汎用出力×6(IO切替により入力最大×10、出力最大×10、
アナログ最大×6)
PWM x4(2ch)
シリアル入出力(TXD/RXD) 最大115,200bps
記憶媒体     :内蔵Flashメモリ4つ / 外付けEEPROM対応
参考価格     :1,500円(税抜)
拡張機能     :別途、株式会社ナチュラルスタイル製PanCakeを
接続することで、80×45 16色+4和音に対応

 

【関連リンク】
jig.jp
IchigoJam BASIC リファレンス ver 1.1