インフォコム、IoT領域における事業創出を加速

インフォコム株式会社は、長期的な成長戦略として今後成長が見込まれるIoT領域においてITを活用した事業の展開/サービスの開発を図っている。
この領域における事業推進を加速するため、社長直轄組織として「IoT推進部」を設置するとともに、米国Afero社と事業提携を行い、同社のIoTサービス基盤を活用していくこととなった。

 

【専任組織の新設について】

今回、IoT領域における事業創出を推進することを目的に、「IoT推進部」を新設。
このチームは、
(1)インフォコムグループの中長期における継続的な成長に貢献する新規事業の創出、強みやシナジーを活かしたビジネスモデルの構築/展開
(2)新規事業創出に向けた、一般企業へのアプローチを通じたニーズおよびシーズの発掘
(3)マーケティングや技術面での知見の蓄積
を行うことをミッションとしている。

 

【Afero社との事業提携について】

Afero社は、IoT向けのクラウドサービスを提供する会社だ。

インフォコムでは、Afero社が開発、提供を開始したIoTサービス基盤の技術評価を進め、この基盤がセキュリティの確保とネットワークへの接続性に優 れた極めて先進的なものであり、インフォコムとしてIoT領域におけるサービスプラットフォームに相応しいものであると判断、この基盤をIoT事業創出に 活用していくこととし、Afero社と提携することとした。

 

【その他、IoT領域での取組みの状況】

2014年7月にインフォコムと株式会社KODENホールディングス、コーデンテクノインフォ株式会社の共同出資により設立したEverySense社で は、2015年12月17日に、IoTデータ交換取引所を日本に開設した。IoTデータの提供者/利用者間におけるデータ取引を仲介し、流通 を活発にするとともに、価値の高いIoTデータを、それを必要とする人に「安全」「安心」に届けることを目的とする取組みだ。

※詳細はEverySense社ホームページ参照。

 

【関連リンク】
インフォコム
Afero
KODENホールディングス
コーデンテクノインフォ

Previous

jig.jp、こどもパソコン『IchigoJam』ver1.1リリース

東急電鉄、アクアビットスパイラルズと共同で、IoTデバイス技術を活用したテストマーケティングを開始

Next