経済産業省、「ロボットテストフィールド・国際産学官共同利用施設(ロボット)活用検討委員会」を設置

経済産業省は、福島県浜通り地域の復興を支援する「イノベーション・コースト構想」の主要プロジェクトである「ロボットテストフィールド」及び「国際産学官共同利用施設(ロボット)」について、事業の具体的な進め方を検討するため、「ロボットテストフィールド・国際産学官共同利用施設(ロボット)活用検討委員会」を設置する。

 

【背景】

平成26年6月、イノベーション・コースト構想研究会(座長は赤羽経済産業副大臣(当時))において、福島県浜通り地域に研究開発・実証等を苗床とした新たな産業集積を整備する「イノベーション・コースト構想」が取りまとめられ、「ロボットテストフィールド」及び「国際産学官共同利用施設(ロボット)」が主要プロジェクトに位置付けられた。

平成26年12月には、「イノベーション・コースト構想推進会議」(座長は高木経済産業副大臣)が発足し、「ロボットテストフィールド」及び「国際産学官共同利用施設(ロボット)」は、平成28年度以降に事業化すると整理されているところだ。

 

【目的】

「ロボットテストフィールド」及び「国際産学官共同利用施設(ロボット)」の整備等の実現に向けて、事業の具体的な進め方を検討。

 

【今後の予定】

(1)第1回検討委員会の日時等
日時:平成27年12月21日(月)13:00~15:00
場所:経済産業省本館17階東8第1共用会議室
※検討委員会は非公開とし、資料、議事要旨については原則公開を予定している。また、中間整理については、公開予定。

(2)検討委員
PDF参照。

 

【関連リンク】
経済産業省

Previous

富士通研究所、郡山市との実証実験で、ゲリラ豪雨による内水氾濫の兆候を検知

空(Air)を叩くバーチャルドラム「Airstic Drum」ーハードウェアコンテスト”GUGEN2015”

Next