シーイーシー、製造現場向けウェアラブル型作業者支援システム「SmartFollow」を提供開始

株式会社シーイーシーは、スマートウォッチやモバイル端末に対応した工場向けの作業支援システム「SmartFollow(スマートフォロー)」を本日より提供開始する。

SmartFollowは、設備(工作機械、ロボット、PLCなど)の稼動情報とモバイル端末・ウェアラブル端末を連携し、緊急度・優先度の高いインシデントを、即座に工場内の管理者・作業者に通知するシステムだ。

同社が提供する、マルチメーカー対応の設備稼動監視・実績管理システム「Facteye(ファクティエ)」との連携も可能で、国内主要メーカーのロボット・CNCに幅広く対応し、稼動状況・アラーム情報に基づいた迅速な意思決定と異常の早期発見を支援する。

シーイーシー、製造現場向けウェアラブル型作業者支援システム「SmartFollow」を提供開始

従来、工場内の設備異常・故障、起動・停止、ワークの遅れ・欠品、チョコ停、段取りロスが発生するたびに、現場での指示待ちや故障修理待ちなどの手待ちロスが起こり、設備稼働率の低下につながるケースが多かった。

”とまらない工場”を実現するラインアップの一つとして、シーイーシーが開発した「SmartFollow」は、刻一刻と変化する製造現場におけるさまざまなインシデント情報を、指定した現場作業者、保守担当者のモバイル端末へリアルタイムに通知し、ダウンタイムの最小化や迅速な復旧対応をスムーズにナビゲーションできるのが特徴だ。

提供は、サイトライセンス10ユーザーで税込280万円だ(例)。ただし、スマートフォン端末、初年度保守・サポート費用を含む。スマートウォッチも対応可能だが、スマートフォンも含めAndroid端末のみ対応となる。

【関連リンク】
「SmartFollow」

Previous

ダブリン市議会とソフトバンク、ダブリン市のスマートシティ化へ向け連携協定を発表

村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始

Next