リコー、音声認識ソリューションを提供するスタートアップ2社と資本業務提携

株式会社リコーは、音声認識技術・ソリューションを提供するスタートアップ企業であるHmcomm株式会社、および株式会社BONXそれぞれと協業することで合意した。

近年注目されている音声認識技術を活用したソリューション開発に取り組み、顧客がオフィスや現場で取り組む働き方改革を支援する。

Hmcomm株式会社は、ディープラーニングを活用した音声認識技術とAI(人工知能)を活用したソリューションを開発している。

音声認識によるリアルタイムでの音声テキスト化や音声コマンド入力などを可能にする音声認識ソリューションを提供し、コールセンターやメガバンクの法人営業、ホテルの宿泊受付など、さまざまな分野で採用されている。

一方、株式会社BONXは、独自のヘッドセット「BONX Grip」とスマートフォンアプリを組み合わせたコミュニケーションツールを提供している。

法人向けサービスの「BONX for BUSINESS」は、初期コスト不要・通話相手との距離制限なし・混線なく安定性も高いといった一般的なトランシーバー/インカムにはないメリットがある。また、30人まで一斉に話せる・通話録音が可能・アプリアップデートで機能の拡張性が高いといった機能も備えている。

今回の協業では、まず第1フェーズとして、HmcommおよびBONXそれぞれのソリューションを、リコーの顧客接点力を活かして拡販するほか、リコーインタラクティブホワイトボードなどのエッジデバイスに組み込む。

そして第2フェーズでは、蓄積された顧客の音声データをインテリジェンスに変換し、顧客が取り組む新たな価値創造に取り組むとした。

【関連リンク】
リコー(Ricoh)
エイチエムコム(Hmcomm)
BONX

Previous

リオ ティント、自律運行列車による鉄鉱石の輸送を実施

NVIDIA・Oculusなど、VRヘッドセットと他のデバイスを接続するオープン規格「VirtualLink」を発表

Next