Snips、ブロックチェーンベースのAI音声アシスタントでコネクテッドホームのプライバシーを保護

コネクテッドデバイスに搭載する音声プラットフォームを開発するフランスのスタートアップ、Snips(スニップス)社は、コネクテッドホームデバイスにおけるプライバシーを守る音声プラットフォーム「Snips AIR」を発表した。

2019年末に提供開始予定の「Snips AIR」は、プロセス全体を通してプライバシーを考慮する「Private-by-Design」に準拠した分散型プラットフォーム。ユーザーのデータをクラウドに保存することなく、デバイス上ですべてのデータを処理するため、家族の個人データをスマートホーム内にとどめることができる。

Snipsは、さまざまなデバイスにAIアシスタントを搭載することで、テクノロジーを意識させない直感的な操作を可能にするという。

2017年6月から提供が開始されているSnipsのプラットフォーム上では、1万4,000以上のデベロッパーが登録されており、すでに2万4,000以上の音声アシスタントを開発。現時点で、日本語版、英語版、フランス語版、ドイツ語版が利用可能で、2020年までに中国語版と韓国語版が追加される予定だ。

Snipsは、年内に日本で製品を販売するために日本のメーカーと最終的な協議を進めおり、2018年秋までに合同プロジェクトを実施できるよう、パートナー企業の選定にあたってPlug and Play Japanの支援を受けるとしている。

「Snips AIR」は、日常のさまざまなシーンで、ホームオートメーション(照明の管理、温度調節、窓の開閉)、天気、マルチメディア、料理、日付・時刻、カレンダー、リマインダーなど、多くのビルトインアプリに搭載可能。デベロッパーは、「Snips AIR」向けに追加アプリを開発し、Snipsの分散型アプリストアでリリースすることができる。

OEM企業は、自社製品にSnipsアシスタントを搭載し、ユーザーのプライバシーを守りながら、アプリストア、デベロッパーコミュニティ、AIRブロックチェーンといったSnipsの音声エコシステムを活用することができる。

【関連リンク】
Snips AIR

Previous

OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を加速する店舗デジタル変革ソリューション「Enterprise DX」を提供開始

中国のiFlytekが乳がん発見ウエアラブルのCyrcadia Asiaに投資

Next